世界日報 Web版

台湾に春の到来を告げたチェコの上院議長


 台湾の民主的で自由な政治体制に対する深い共感があるチェコは今夏、上院が50対1の議決で、ミッションを引率したビストルチル上院議長の台湾訪問を支持した。ポンペオ米国務長官はこれを称賛。また、70名の欧州議会や米仏独などの民主国家の国会議員も署名を集めて共同声明を発表し、ビストルチル議長の訪台を支持した。

 一方、中国の王毅外相はチェコに「高い代償を払わせる」と恫喝(どうかつ)したものの、欧州連合(EU)や独仏、スロバキアなどの政治リーダーが、これに反発し相次いで中共を非難した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ