世界日報 Web版

新型コロナ 比政府が首都圏で再ロックダウン


ドゥテルテ大統領

医療現場の直訴で方針転換

日系企業も200人感染

 ドゥテルテ大統領は7月31日、マニラ首都圏における8月からの新型コロナウイルスの防疫方針について、感染の拡大にもかかわらず現状を維持すると発表した。政府は感染者数の増加に歯止めがかからなければ、厳しいロックダウンも辞さない構えだったが、結果的に経済再開を押し通す道を選んだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ