世界日報 Web版

多様多層的な中国経済スパイ


日本安全保障・危機管理学会上席フェロー 新田 容子

日本安全保障・危機管理学会上席フェロー
新田 容子

 次世代通信規格「5G」を含む次世代テクノロジーや、新型コロナウイルス感染症のワクチン研究関連の情報、知的財産の窃盗をめぐり、米中の覇権争いの激化がクローズアップされている。米国のほか、日本を含む企業数百社が中国スパイの標的になった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ