世界日報 Web版

李登輝氏を悼む


成国際大学教授 浅野 和生

公義貫いた「哲人政治家」

 李登輝氏は1988年1月、蒋経国総統の死去で台湾生まれの台湾人として初めて総統となり、国民党主席となったが、当時の国民党の支配者は、戦後、蒋介石とともに中国大陸から台湾へ移転してきた「外省人」長老たちであった。

 それら国民党エリートは、台湾の人口の二割にも満たない少数派であったから、国民党支配体制は、外来の少数派が土着の多数派を支配する、いびつな構造だった。台湾の民主化は、国民党主席、総統となった李氏が、国民党支配エリートを歴史の後景へと押しやる、史上稀有な「静かな革命」であった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ