世界日報 Web版

元自衛艦隊司令官 香田洋二氏に聞く


元自衛艦隊司令官 香田洋二氏

軍艦級投入は“主権”行使の兆候か

 船の性能は基本的には大きさ(寸法)と重量で決まる。5000㌧を超える軍艦級の中国公船が領海侵犯するようになった。5000㌧を超える巡視船は世界標準からすると極めて大型であり、米国の沿岸警備隊さえも保有していない。3000㌧級以上の巡視船・哨戒船を保有する主要海上法執行機関は、わが国の海保(15隻)と中国海警(32隻)のみである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ