世界日報 Web版

新型コロナ禍最中の国産空母就役


茅原 郁生

拓殖大学名誉教授 茅原 郁生

 中国を発生源とする新型コロナウイルスによる肺炎は、中国内で約8万人に感染、死者も3000人を超し連日報道を賑(にぎ)わせている。

 わが国でも、クルーズ船がらみの感染者の拡大や死者も出ているが、100カ国を超える多国にも感染は拡大し、遅ればせながら世界保健機関(WHO)はパンデミック宣言を出した。中国はメンツに拘(こだわ)って危機感より防疫戦争勝利を強弁している。これを米紙は「中国はアジアの病人」とし、「言論の自由を抹殺した人災」との論評まで出して米中角逐に新たな火種を増やしている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ