世界日報 Web版

新型肺炎でWHO緊急委から台湾排除


桃園国際空港

世界の防疫ネットワークに穴

憲章「最高レベルの健康追求」に違反?

 「人から人への感染が見られるのは明白」としてきた世界保健機関(WHO)は23日、緊急事態宣言は出さなかった。ただ、「国際的な感染拡大で、他国の公衆衛生に危険性がある」「ウイルス封印のため国際的協調が必要となる」との2条件を満たせば、緊急事態宣言を出すという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ