世界日報 Web版

2019年の中国10大ニュース


茅原 郁生

拓殖大学名誉教授 茅原 郁生

 2019年は中国にとって内憂外患の多難な年であった。内憂外患の多くは米国との間で始まった貿易摩擦が影響している。外患は米国から貿易赤字解消の攻勢が、次世代通信技術に関わる先端科学技術の覇権争いから台湾問題を含めた安全保障問題にまで発展し、さらに中国は為替操作国にも指定され制裁を受けるなど国際金融面にまで拡大した。内憂も多くは米中角逐の余波があり、関税引き上げによる国内経済の停滞が国内総生産(GDP)成長率の鈍化につながり、習近平国家主席の求心力の低下を招いている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ