世界日報 Web版

比ミンダナオ島の戒厳令を年内に解除へ


800

治安改善も続く襲撃事件

対テロ法案に人権弾圧懸念も

 戒厳令は2017年5月に起きたイスラム過激派マウテグループによるマラウィ市占拠事件をきっかけに布告された。これまで3回の延長を繰り返してきたが、観光業界や投資などへの影響からダバオ市が地域限定で戒厳令の解除を求めるなど、延長をめぐる議論が高まっていた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ