世界日報 Web版

正念場のスーダン民主化


スーダンのデモ隊

バシル氏失脚後、デモ隊と軍が対立

 スーダンで30年間、長期独裁政権を率いてきたバシル前大統領は4月11日、同国軍による軍事クーデターにより失脚した。しかし民政移管をめぐり軍とデモ主導の民主化グループが対立、軍はイスラム法が欠落していると民主勢力を批判するなど混迷の様相を見せている。(カイロ・鈴木眞吉)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ