世界日報 Web版

アフリカ社会を蝕む汚職 アルアハラム政治戦略研究所アフリカ担当主任アマーニ・タウィール女史に聞く


600

貧困・テロ・感染症の温床に

 アフリカは、依然貧困と紛争のただ中にある。さらにエイズや各種伝染病などの感染症が国民を苦しめている。エジプトのアルアハラム政治戦略研究所アフリカ担当主任、アマーニ・タウィール女史に、アフリカの現状と課題を聞いた。
(聞き手=カイロ・鈴木眞吉)

 ――アフリカの深刻な貧困問題、感染症問題をいかに解決するか。

 歴史的にアフリカは、植民地化された地域で、植民地支配国家はアフリカの資源を奪ってきた。多国籍企業は、アフリカの各国政府指導者などエリート層を買収し腐敗させた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ