世界日報 Web版

「世界の日米同盟」へ歴史的一歩 両首脳がアピール


800

 【ワシントン早川俊行】安倍晋三首相とオバマ米大統領は28日、ホワイトハウスで行われた首脳会談後の共同記者会見で、日米防衛協力の指針(ガイドライン)の再改定を踏まえ、アジア太平洋地域だけでなく世界の平和と安定に寄与する「世界の日米同盟」に向けて歴史的一歩を踏み出したと強調した。

 首相は「日米同盟の歴史に新たな1ページを開いた。『世界の中の日米同盟』とも呼ぶべきものだ。日米同盟はもはやアジア太平洋地域のみならず、世界の平和と安定になくてはならない」と、首脳会談の成果を誇示した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ