世界日報 Web版

きょう34回目の「北方領土の日」、安倍外交で仕切り直しを


600

日露関係着実に積み重ねよ

 2月7日のきょう34回目の北方領土の日を迎えた。北方四島(択捉(えとろふ)島、国後(くなしり)島、色丹(しこたん)島、歯舞(はぼまい)群島)の返還問題という日露関係の最大懸案を象徴するこの日に安倍晋三首相はソチ冬季五輪開会式出席のためロシアを訪問中だ。オリンピック開催の場に両国首脳が並ぶことは、70年近く前の戦時の問題を解決して平和時の関係発展につなげていくべき時代を表しているといえよう。
(窪田伸雄)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ