仏の学校で制服復活か―マクロン大統領が示唆

【パリ安倍雅信】フランスのマクロン大統領は学校に制服を導入する考えについて、従来の制服より規制の緩いものであればいいのではないかと発言し、制服復活を示唆した。フランスでは現在、公立学校にはない制服着用が議論されている。

マクロン大統領はユーチューブとTikTok(ティックトック)で4日に放送されたインタビューで、制服着用について意見を求められた。アタル仏国民教育相は秋以降の制服の実験的導入を一部の学校で実施する計画を表明している。

フランスではイスラム教徒女性の「アバヤ」と呼ばれる全身を覆う衣装の公立学校での着用が禁止されたばかり。制服導入は、イスラム教徒の女生徒にとってはアバヤ着用禁止より高いハードルとなりそうだ。

spot_img
Google Translate »