米軍、シリアで報復空爆 イラン製無人機攻撃で米国人死亡

【エルサレム森田貴裕】米国防総省は23日、シリア北東部の有志連合の基地に対するイラン製無人機による攻撃で、米国の請負業者1人が死亡、米兵ら6人が負傷したと発表した。この攻撃を受け、米軍は同日、報復としてシリア東部にあるイラン革命防衛隊の関連施設を空爆した。イスラエルのメディア「i24ニュース」が24日、報じた。

spot_img
Google Translate »