[会員向け] rss

イスラエル 西岸併合計画見送り

コロナ禍、国際社会も反発 米和平案にも暗雲 スーダンは「技術面で合意」  イスラエルのネタニヤフ首相は、ヨルダ…

続き

コロナ禍絡みで個別テーマに絞った3本の主張を打ち出した産経

◆情報公開の不足批判  中国・武漢から発生した新型コロナウイルス禍との防戦が長期戦となる中で、東京都での感染拡…

続き

中国に統一した対抗策検討―EU

香港国家安全法を非難  欧州連合(EU)は13日、ブリュッセルで外相理事会を開き、中国政府が香港の統制を強化す…

続き

米国務長官 中国は「完全に違法」

南シナ海領有権を否定  ポンぺオ米国務長官は13日、声明を出し、中国の南シナ海における海洋進出について「南シナ…

続き

海上保安庁を内閣直轄に ミサイル・尖閣防衛 元海将 伊藤俊幸氏

インタビューfocus<下> 【インタビューfocus<上>】日米で「統合防空」進めよ ミサイル・尖閣防衛 元…

続き

大統領よ、今すぐ、中国に真っ正面から向き合うべきだ Mr. President, confront China now

 今すぐ、あることをはっきりさせよう。中国のことだ。中国は、ほかのどの国よりも、米国の安全保障、安寧、そして、…

続き

自律的景気後退とコロナ禍

鈴木政経フォーラム代表、経済学博士 鈴木 淑夫 19年初めから後退局面に コロナ重なりV字型回復困難  日本経…

続き

「女性擁護の顔」セクハラか 現職ソウル市長自殺に衝撃

極端な選択、社会に悪影響 市葬に反対請願50万人超  元女性職員に対するセクハラ容疑で告訴されていた朴元淳ソウ…

続き

日米で「統合防空」進めよ ミサイル・尖閣防衛 元海将 伊藤俊幸氏

インタビューfocus<上> 【インタビューfocus<下>】海上保安庁を内閣直轄に ミサイル・尖閣防衛 元海…

続き

新しい道徳教育の授業現場の課題が討論される

元北海道教育大学教職大学院教授 追分充氏が講演・模範授業  2018年度以降「特別の教科」に位置付けられた道徳…

続き

「中国の軍拡反対」の“羊頭”を掲げながら「無防備」の“狗肉”を売る朝日

◆口先だけの中国批判  「羊頭(ようとう)を懸(かか)げて狗肉(くにく)を売る」。店先に良い品を見せておいて悪…

続き

高レベル横ばいの ロシアコロナ禍

ロシア研究家 乾 一宇 検査体制拡充し死亡者減 医療貧弱な地方で感染者増加  新型コロナウイルスの感染は、世界…

続き

抗議デモを許容した政治家の信頼揺らぐ Politicians face credibility gap after going easy on protesters

 シアトル市当局は数百人のデモ隊がカル・アンダーソン公園を含むキャピトルヒルの6区画を3週間にわたって占領する…

続き

国家安全法の適用による「自由都市・香港」の“死”を悼むNW日本版

◆消失した「西側の夢」  ニューズウィーク日本版(7月14日号)が特集「香港の挽歌(ばんか)」を組んでいる。「…

続き

朝鮮戦争当時と酷似

70周年で教訓確認する保守  今年は1950年に勃発した朝鮮戦争から70周年。現下の安保状況が当時と酷似してい…

続き

慰安婦支援運動の正体は「反日」

尹美香氏の夫・金三石氏、北朝鮮の指令と資金受け反米活動  元慰安婦の支援運動をめぐって韓国では支援団体の不透明…

続き

感染症と性行動 リスク高めた解放運動

《 記 者 の 視 点 》  新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、多くの書店は感染症関連コーナーを設けている。…

続き

露改憲、プーチン大統領続投へ

職場通じ「賛成」圧力か 上司が”投票チェック”の恐れも  プーチン大統領(67)の長期…

続き

総合ミサイル防衛体制強化を 元防衛相 中谷元衆院議員

インタビューfocus 元防衛相 中谷元 衆院議員  河野太郎防衛相は先月、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イ…

続き

USAGM新CEO 中国の情報戦に対抗

米政府系放送局の改革を推進  「米グローバルメディア局(USAGM)」の最高経営責任者(CEO)に先月、トラン…

続き

コロナ後の日本再生は大学改革から

エルドリッヂ研究所代表、政治学博士 ロバート・D・エルドリッヂ 知的刺激が少ない国立大 日本型クォーター制の導…

続き

金塊確保失敗も政権揺るがず ベネズエラ大統領

 ベネズエラの反米左派マドゥロ大統領と野党指導者のグアイド国会議長が、ロンドンを舞台として首脳としての正統性と…

続き

短観論評で冷静な分析示した朝日、経済紙として物足りなかった日経

◆雇用への影響を懸念  2日付読売「日銀短観悪化/需要喚起へ予算執行を急げ」、日経「企業の苦境見極め柔軟な政策…

続き