火を噴く中東−ガザ情勢

米大学で高まる反ユダヤ主義 憎悪あおる左派思想が影響

イスラム組織ハマスによる10月7日のテロ攻撃の直後、米国の大学でイスラエルへの一方的な非難が相次いだ。米大学では近年、左派思想の浸透により反ユダヤ主義が高まっていることが指摘されており、懸念する声が上がっている。

イスラエル軍、ガザ攻撃を強化 ハマス拠点など600カ所空爆

パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスとイスラエル軍の交戦は30日も続き、イスラエル軍はガザ地区で地上作戦をさらに拡大し、攻撃を強化した。

イスラエル軍 ガザ地上作戦を拡大 ネタニヤフ首相「戦争は第2段階」

パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスとイスラエル軍の交戦は29日も続き、イスラエル軍はガザ地区境界近くに展開する地上部隊の兵員を増強し、本格的な地上侵攻へ向けて作戦を拡大している。

ハマス襲撃で在留労働者犠牲 フィリピン政府 内憂外患で苦慮

パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスによるイスラエルへの攻撃に、現地のフィリピン人労働者も巻き込まれ、これまでに4人の死亡が確認された。イスラエルでは約3万人のフィリピン人労働者が滞在していると推定されており、比政府は国民の保護や帰国に向けた準備を急いでいる

イスラエル ガザで「限定」作戦 侵攻準備

パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスとイスラエル軍の交戦は26日も続き、ガザ地区北部では一時イスラエル軍の地上部隊が作戦を展開した。イスラエルのネタニヤフ首相は25日夜、地上侵攻の準備を表明した

イスラエル軍、シリア軍施設を空爆 シリア兵8人死亡

イスラエル軍は25日、隣国シリアからイスラエル北部へ向けて発射されたロケット弾2発への報復として、同軍の戦闘機がシリアの軍事施設や迫撃砲弾の発射拠点などを標的に空爆を実施したと発表した。

仏大統領 ハマス掃討作戦を支持 イスラエル、ヨルダン訪問

フランスのマクロン大統領は24日、イスラエルを訪問し、同国のネタニアフ首相と会談し、イスラエルへの全面支持を表明した。同時に過激派組織「イスラム国」(IS)に対抗する国際有志連合が対象をハマスにも拡大することを提案した。ただ、具体策への言及はなかった。また、ハマスに誘拐されフランス系人質9人を含む全人質解放に全力を尽くすと述べた。

10.7 ハマス襲撃の爪痕 追悼のキャンドル 、鳴り響く空襲サイレン

イスラエルがイスラム組織ハマスによる襲撃を受けて2週間余り。軍によるパレスチナ自治区ガザへの地上侵攻が間近とみられる一方で、市民によって追悼のキャンドルが灯され、ハマスに連れ去られた人々のポスターが各地に貼られるなど、重い空気が漂っている。ガザからのロケット弾攻撃は依然、続き、そのたびに空襲サイレンが鳴り響く。

ハマスへの空爆強化 イスラエル軍 地上侵攻の準備加速 死者双方で6400人超

レスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスとイスラエル軍の交戦は23日も続き、激しさを増している。イスラエル軍は23日、ガザ地区への地上侵攻の前段階として、ハマスへの空爆を強化すると発表した。

ガザ急襲、病院爆発を巡る「情報戦」を有利に展開するパレスチナ側

イスラム組織ハマスによる襲撃から2週間余りが経過、現地の情勢は悪化の一途をたどっている。地上侵攻が開始されれば、さらに死傷者が増加するのは避けられない。

イスラエル軍、攻撃強化人道支援物資、ガザ地区へ

パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスとイスラエル軍の交戦は22日も続き、ガザ保健省によると、ガザ側の死者数は少なくとも4385人に上った。イスラエル側の死者数は1400人以上で、双方の犠牲者は計5700人を超えた。

米大統領「安全保障に不可欠」 イスラエル、ウクライナ支援で

バイデン米大統領は19日夜、ホワイトハウスの大統領執務室で国民向けに演説した。イスラム組織ハマスの攻撃を受けたイスラエルとロシアの侵攻に抵抗するウクライナへの支援は、「米国の安全保障にとって不可欠」だと訴え、連邦議会に緊急予算を要請するとした。

ガザ病院で爆発 500人死亡 イスラエルは関与否定

イスラム組織ハマスが実効支配するパレスチナ自治区ガザの北部にあるガザ市の病院で17日、大規模な爆発が起き、ガザ保健当局は、少なくとも500人が死亡したと発表した。ハマスは、イスラエル軍による空爆を受けたと主張。一方、イスラエル軍は、武装組織「イスラム聖戦」によるロケット弾の誤射との見方を示し、関与を否定した。

米大統領 対ハマスで連帯表明 ガザ病院爆発 イスラエル関与否定

バイデン米大統領は18日、パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスとの戦闘が続くイスラエルを訪問した。テルアビブでネタニヤフ首相と会談し、イスラエルへの連帯を表明、500人が死亡したとされるガザの病院の爆発についてはイスラエルの関与に否定的な見方を示した。

米大統領、きょうイスラエル訪問 対ハマスで連帯確認へ

イスラエル軍による大規模な地上侵攻が間近に迫る中、バイデン米大統領は18日、イスラエルを訪問し、ネタニヤフ首相と会談する。パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスの解体を目標に掲げるイスラエルとの連帯を再確認する予定だ。イスラエル軍の空爆による民間人の犠牲を最小限に抑えるための方策やガザ地区の住民支援についても協議する。

ガザ避難民100万超 南部の検問所、開放難航

パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスとイスラエル軍の交戦は16日、10日目に入った。イスラエル軍による大規模な地上侵攻が迫る中、双方の犠牲者は4100人を超えた。

イスラエル軍 大規模地上侵攻を準備 住民に改めて退避勧告 「数日以内」に開始か

パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスとイスラエル軍の交戦は15日、9日目に入った。イスラエル軍はガザ地区への地上侵攻の準備を整えている。ガザ地区に近いイスラエル南部地域の住民も避難を開始した。

イスラエル軍 ガザ住民に退避勧告 ハマス掃討へ戦車部隊侵攻か  

パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスとイスラエル軍の交戦は13日、7日目に入った。ハマスは13日も、イスラエル南部の都市などに向けて多数のロケット弾を発射し続け、イスラエル軍によるガザ地区への空爆は激しさを増している。

【記者の視点】中東有事、高笑いの中国 台湾併合に執念燃やす習氏

米国はパレスチナのイスラム原理主義組織ハマスの大規模攻撃を受けたイスラエルへの「揺るぎない支持」を表明し、空母打撃軍も急派させた。ほくそ笑むのはイスラエルとサウジアラビアが始めていた国交正常化交渉にくさびを打つことになるイランだけではなく、台湾併合の野心を隠さない中国も内心「高笑い」だ。

挙国一致政府を樹立 イスラエル 地上侵攻の準備進む

パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスとイスラエル軍の交戦が続く中、イスラエルのネタニヤフ首相と中道野党「国民統一」を率いるガンツ前国防相は11日、緊急の挙国一致政府を樹立することで合意した。また通常の内閣とは別に、ネタニヤフ氏、ガラント国防相、ガンツ氏の3人で構成する戦時内閣が発足した。

他のオススメ記事

Google Translate »