火を噴く中東−ガザ情勢

イスラエル軍 戦闘員70人以上拘束 ハマス壊滅に「数カ月以上」

パレスチナ自治区ガザに残る人質の解放とイスラム組織ハマスの壊滅を目指すイスラエル軍は、ガザ地区の北部や南部で空爆や地上攻撃を続けている。イスラエル軍は15日、ガザ地区北部シュジャイヤでハマスの大隊の司令部を制圧し、破壊したと発表した。

「国際圧力に屈せず」イスラエル首相 ハマス壊滅へ戦闘継続

イスラエル軍は14日、パレスチナ自治区ガザに残る人質の解放とイスラム組織ハマスの壊滅を目指し、ガザ地区北部シュジャイヤとジャバリヤ、南部ハンユニスで攻撃を続けていると発表した。戦闘の映像も公開した。

イスラエル軍 ガザ250カ所以上に空爆 地下トンネルに海水注入

パレスチナ自治区ガザに残る人質の解放とイスラム組織ハマスの壊滅を目指すイスラエル軍は12日も、ガザ地区のほぼ全域で空爆や地上攻撃を続けた。

イスラエル 250カ所以上に空爆 戦闘員「7000人超殺害」

イスラエル軍はパレスチナ自治区ガザに残る人質の解放とイスラム組織ハマスの壊滅を目指し、ガザ地区全域で攻勢を強めている。イスラエル軍は10日、過去1日でハマスの軍事インフラなど250カ所以上を標的に空爆などを行ったと発表した。

ハマス戦闘員多数投降 衝突2カ月 イスラエルが攻勢

イスラム組織ハマスとイスラエル軍との衝突は7日、開始から2カ月が経過した。イスラエル軍地上部隊はパレスチナ自治区ガザ全域で攻勢を強めている。

イスラエル軍「ハマス防衛線突破」ガザ指導者の自宅を包囲

パレスチナ自治区ガザに残る人質の解放とイスラム組織ハマスの壊滅を目指すイスラエル軍の報道官は6日、ガザ地区北部ジャバリヤとシュジャイヤ、南部ハンユニスで「ハマスの防衛線を突破した」と発表した。同軍の地上部隊は南北で攻勢を強めている。

ガザ南部に攻勢拡大 イスラエル 250カ所以上に空爆 ハマス司令官の「半数殺害」

パレスチナ自治区ガザに残る人質の解放とイスラム組織ハマスの壊滅を目指すイスラエル軍は5日、ガザ地区南部の主要都市ハンユニスに地上侵攻した。

ガザ南部で攻撃強化 イスラエル「北部以上の作戦」強調

パレスチナ自治区ガザに残る人質の解放とイスラム組織ハマスの壊滅を目指すイスラエル軍は、ガザ地区南部の都市ハンユニスなどへの攻撃を強化している。イスラエルのガラント国防相は4日、「南部で作戦を開始しており、そこでは北部での作戦よりさらに激しく容赦ない攻撃が行われるだろう」と強調した。

ガザ戦闘休止 7日間で終了 人質全員解放かなわず イスラエル

イスラエルとイスラム組織ハマスの人道的な戦闘休止は7日間で終了した。イスラエルは女性と子供の人質全員の解放を求めたがかなわず、ハマス壊滅を目指しパレスチナ自治区ガザでの戦闘を再開した。

イスラエル軍がガザ攻撃でAI駆使、ネットメディアが「暗殺工場」と警告

イスラエル軍のイスラム組織ハマスに対する攻撃による民間人被害が急増し、国際社会から非難を受けている。10月7日以降の死者は1万5000人を超えた。これについて、イスラエルのニュースサイト「+972マガジン」は、独立系メディア「ローカル・コール」との協力で実施した調査報道で、イスラエル軍が人工知能(AI)による攻撃目標選定を行ったことで攻撃箇所が急増、さらに民間人への二次被害の抑制が後回しになっているとの見方を示した。

イスラエル軍、ガザ全域で空爆 戦闘休止交渉は中断

イスラエルとイスラム組織ハマスの7日間の戦闘休止が終わり、パレスチナ自治区ガザに残る人質の解放とハマスの壊滅を目指すイスラエル軍によるハマスへの激しい攻撃が再び始まった。

イスラエル軍 ガザで戦闘再開「ハマスが違反」と非難

イスラエル軍は1日、パレスチナ自治区ガザでイスラム組織ハマスとの戦闘を再開したと発表した。同軍は声明で「ハマスが戦闘休止合意に違反し、イスラエル領内を攻撃した」と非難した。

ガザ戦闘休止 1日延長 イスラエルとハマス 期限間際に合意

イスラエルとイスラム組織ハマスは30日、戦闘休止を1日延長することで合意した。仲介役のカタールが発表した。延長は2度目。12月1日午前7時(日本時間同日午後2時)までパレスチナ自治区ガザでの戦闘が休止される。

戦闘停止の再延長協議 イスラエルとハマス カタールが仲介 5日連続で人質解放

イスラエルとイスラム組織ハマスの戦闘停止は6日目に入った。2日間の延長期間は30日午前7時(日本時間同日午後2時)にも終了する予定で、人質解放の一方で戦闘停止再延長を巡る協議もカタールの仲介で進められている。

ガザ、戦闘停止 2日間延長ハマス 人質11人解放

イスラエルとイスラム組織ハマスは27日、パレスチナ自治区ガザでの戦闘停止を2日間延長することで合意した。仲介役のカタールが同日、発表した。24日に発効した4日間の戦闘停止は、28日午前7時(日本時間同日午後2時)の期限目前だった。

ハマス憲法にナチスの影響 反ユダヤ主義の深層(中)世界反ユダヤ主義政策研究所所長 チャールズ・スモール氏

彼らの憲法である「ハマスの規約」を参照してほしい。これは一部過激派や軍事部門だけが信じているものではなく、これこそがハマスの存在目的であり、彼らの本質なのだ。

戦闘停止最終日、合意延長かハマス、3日連続で人質解放

イスラエルとイスラム組織ハマスの4日間の戦闘停止は27日、最終日に入り、双方は引き続き収監している囚人や人質の一部をそれぞれ解放する。

ハマス 連日人質解放戦闘停止3日目 食料など支援物資搬入

イスラエルとイスラム組織ハマスの人道的な戦闘停止は26日、3日目に入った。双方は引き続き、収監している囚人や人質の一部をそれぞれ解放する。

イスラエル支持でジレンマ バイデン米大統領 若者離反で選挙に影響も

バイデン米大統領は、パレスチナ自治区ガザでのイスラエルとイスラム組織ハマスの戦闘を巡り、一貫してイスラエルを支持している。しかし、米国の若年層の間ではバイデン氏の方針に反感が広がっており、来年11月の大統領選に影響を及ぼす可能性がある。

ガザの戦闘停止が発効 ハマス 人質13人解放へ

イスラエルとイスラム組織ハマスの戦闘停止が24日午前7時(日本時間同日午後2時)に発効した。パレスチナ自治区ガザで戦闘を4日間停止する。先月7日の交戦開始以来、双方の合意に基づく戦闘停止が実現に至ったのは、初めて。

他のオススメ記事