世界日報 Web版

[美ら風(ちゅらかじ)] rss

米軍はモズクの「よき理解者」

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  沖縄県は毎年4月の第3日曜日を「モズクの日」に定めている。2002年、県議会で承認されて、はや15年がたつ。制定目的は次の通りだ。  「モズクのほとんどは沖縄県で生産されており、沖…

続き

地元紙が無視する知事批判本

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  沖縄の書店では現在、かつてないほど米軍基地絡みの政治関連書籍が売れている。県内最大手ジュンク堂那覇店の10日付の週間ランキングで、ベスト10のうち、実に半数の5冊が入った。そのうち…

続き

大田昌秀元沖縄県知事がノーベル賞候補?

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  2017年のノーベル平和賞に、元沖縄県知事の大田昌秀氏がノミネートされたことが明らかになった。  大田氏は、沖縄戦で学徒動員され「鉄血勤皇隊」として戦った。そして、平和への願いを語…

続き

報じられない米軍基地ライブ

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  米国のトップアイドルグループ「フィフス・ハーモニー」が23日、米海兵隊のキャンプ瑞慶覧(北谷町)で屋外ライブを開催した。  アイドルオーディション番組をきっかけに結成された5人組の…

続き

宮古島市議の不適切表現

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  宮古島市の石嶺香織議員(36)が自衛隊をまるで「レイプ集団」であるかのように表現したことが波紋を広げている。  石嶺氏は福岡県出身。宮古島市長選と同日の1月22日に行われた市議補選…

続き

対策迫られる未成年飲酒事故

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  沖縄本島北部の恩納村で飲酒した未成年男子が2月12日、バイク事故を起こし、同乗していた中学3年の男子が頭を強く打って死亡、中学2年の女子が鎖骨を骨折する重傷を負った。小学6年生が飲…

続き

コザに再び賑わいを

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  昨シーズン、セリーグを制覇した広島カープの選手らが2月25日、第2次春季キャンプ地のある沖縄市コザゲート通りで優勝パレードをした。沖縄市では、1991年のリーグ優勝を祝福して翌92…

続き

世界遺産候補に「琉球」使わず

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  政府はこのほど、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」と「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎、熊本両県)を国連教育科学文化機関(ユネスコ)に世界遺産候補として推薦…

続き

オール沖縄は「排除の論理」

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  「沖縄の危機―『平和』が引き起こす暴力の現場」(青林堂)の出版を記念した講演会(主催・一般社団法人日本沖縄政策研究フォーラム)がこのほど、浦添市で行われ、浦添市長選にも話題が及んだ…

続き

知事の訪米に成果あった?

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  トランプ米政権の誕生を受け、翁長雄志知事は稲嶺進・名護市長、知事派の実業家らを引き連れてこのほど、米国ワシントンを訪問した。翁長氏は2014年12月に知事に就任して以来、3度目のワ…

続き

反基地運動報道の真偽

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  2日に放映された東京の地上波テレビ局、東京MXテレビの番組「ニュース女子」は、「沖縄基地反対派はいま」と題して、東村高江周辺の米軍ヘリパッド建設の抗議行動について詳報した。これに対…

続き

荒れる成人式と反基地運動

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  沖縄県では今年、男性8908人、女性8272人の合計1万7180人(沖縄県調査)が成人の仲間入りをした。沖縄の成人式と言えば、毎年のように「荒れる成人式」が全国的に注目されてきた。…

続き

翁長氏、年頭から国と対決姿勢

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  「建白書の精神に基づき、辺野古に『新基地』は造らせないことを県政の柱にし、県が持つあらゆる手法を使って取り組む」  翁長雄志知事は4日、県職員向けの年頭訓示でこう強調した。知事に就…

続き

IR法案に反対の沖縄県の翁長雄志知事

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  カジノを含む統合型リゾート(IR)を解禁するIR推進法案は衆参両本会議で可決され、成立した。「IR実施法案」を1年以内に国会に提出し、成立すれば、早くて2022年に施設が開設される…

続き

基地負担軽減考える議員の会

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  沖縄の基地負担軽減を考える議員有志の会の初めての協議会が3日、那覇市で開催され、沖縄と米軍基地が所在する本土の市町村など17自治体から54人の議員が参加した。  若宮健嗣防衛副大臣…

続き

アリーナ建設の是非問う村長選

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  任期満了に伴う北中城村長選が12月4日、投開票される。11月29日に告示され、元村役場企画振興課長の比嘉孝則氏(62)と現職の新垣邦男氏(60)が出馬した。  北中城村は2010年…

続き

「沖縄を変えた男」栽弘義

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  米大リーグの最優秀監督賞がこのほど発表され、ナ・リーグは沖縄生まれの日系人、ドジャース就任1年目のデーブ・ロバーツ監督が初受賞した。  知名度ではロバーツ監督をも上回る沖縄出身の名…

続き

「トランプ大統領」と翁長知事

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  米国の新大統領に共和党のドナルド・トランプ氏が就任することが決まったことを受け、翁長雄志知事はトランプ氏に祝電を送った。  その中で「アメリカと沖縄との関係について話し合う機会をつ…

続き

日の丸ないウチナーンチュ大会

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  海外・県内外の沖縄県系人が一堂に会する第6回世界のウチナーンチュ大会(主催・同実行委員会)が10月26日から30日まで開かれた。過去最多となる26カ国・2地域の7297人が参加した…

続き

機動隊員発言問題の本質

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  沖縄県の米軍北部訓練場(東村)で警備に派遣されていた大阪府警の機動隊員が反基地活動家に「土人」と発言した問題の波紋が広がっている。  翁長雄志知事は20日、池田克史県警本部長を県庁…

続き

嘉手納ゲート前に溢れる笑顔

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  嘉手納基地のゲート前で米軍に手を振る人々がいる。「グッドモーニング」と大きな声であいさつすると、米軍や軍属が笑顔や親指を上に上げるグッドサインで応える。日本人の基地従業員は恥ずかし…

続き

浦添市長が那覇軍港「受忍」

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  浦添市長選が4カ月後に迫っている中、再選を目指す松本哲治氏がこのほど、市政報告会を行い、4年弱の市政を総括し、再選に向けて強い意欲を示した。翁長雄志知事がどんな手を打ってくるか気掛…

続き

防衛相と会談も「平行線」

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  稲田朋美防衛相が23日と24日、沖縄入りし、翁長雄志知事と県庁で会談した。普天間飛行場の名護市辺野古沖への移設をめぐっては、両者の意見は平行線のままで、打開策は見いだせなかった。 …

続き