世界日報 Web版

[美ら風(ちゅらかじ)] rss

琉歌・御製から伝わる思い

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  24日開催された「天皇陛下御在位30年記念式典」では、沖縄出身の歌手・三浦大知さんが、天皇皇后両陛下の作詞作曲された琉歌(りゅうか)「歌声の響」を歌唱した。  「だんじょかれよしの…

続き

松坂ロスを乗り越えて

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  桜が見頃を迎えた春季のプロ野球キャンプはいよいよ終盤を迎えた。練習試合など実戦形式のトレーニングがファンを魅了している。ここ数年、Bクラスに沈む中日ドラゴンズは、昨年のシーズンでカ…

続き

女児虐待死で見えた沖縄の対応

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  千葉県野田市の小学4年生、栗原心愛(みあ)さんが自宅浴室で死亡し虐待が疑われている事件で、千葉県警は父親に続き、母親も傷害容疑で逮捕した。その母親は沖縄出身で、一家が野田市に転居す…

続き

新たな観光資源 Jリーグキャンプ

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  沖縄の観光および飲食業界にとって、2月は閑散期に当たっていたが、それが過去の話となった。この月の沖縄経済を牽引(けんいん)するのはスポーツキャンプだ。リゾートホテルは団体予約が入り…

続き

元外交官が「陰謀論」を展開

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  イギリス、米国、イスラエル、ロシア、ウクライナなどに駐在経験のある元外交官の馬渕睦夫氏が19日、那覇市で講演した。講演会主催の「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」(我那覇…

続き

新駅の名称に「てだこ」

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  JR山手線(東京都)の新駅の名前がこのほど、「高輪ゲートウェイ」に決まった。これには全国的な注目を浴び、鉄軌道がない沖縄県民の間でも、かなり話題になっている。  どうしても現場を視…

続き

亥年とリュウキュウイノシシ

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  今年の干支は「亥年」。沖縄にもリュウキュウイノシシと呼ばれる小型のイノシシが生息している。  北は奄美大島や加計呂麻島、徳之島などの奄美諸島から、南は沖縄本島、石垣島、西表島などの…

続き

沖縄に寄り添われる陛下

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  「昭和47年に沖縄の復帰が成し遂げられました。沖縄は、先の大戦を含め実に長い苦難の歴史をたどってきました。皇太子時代を含め、私は皇后と共に11回訪問を重ね、その歴史や文化を理解する…

続き

米軍機事故の犠牲者を悼む

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  米海兵隊岩国基地(山口県岩国市)所属のFA18戦闘攻撃機とKC130空中給油機が高知県沖で接触、墜落した。この事故で、在日海兵隊は、米第7艦隊と海上自衛隊、海上保安庁と協力し、行方…

続き

卓球参戦でプロスポーツ王国に

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  沖縄では、新たなスポーツ観戦の楽しみが増えた。  今年、卓球のプロリーグが開設された。わずか4チームの中の一つが、沖縄の琉球アスティーダだ。リオ五輪男子団体銀メダリストの丹羽孝希選…

続き

飲酒運転ワースト、改善されず

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  沖縄県内で発生した交通人身事故に占める飲酒絡みの割合が、今年9月末現在で1・99%と全国ワーストとなることがこのほど、沖縄県警のまとめで分かった。全国平均は0・81%の約2・4倍に…

続き

修学旅行企画会社の再起を期待

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  沖縄県を訪れる修学旅行生向けに、従来の反戦型の平和学習と一線を画すプログラムを提供する企画会社「がちゆん」(中城村、国仲瞬社長)が、今月2日から業務を停止している。この影響で年内予…

続き

FC琉球、二重の歓喜

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  試合はアディショナルタイムに入り、ベンガラ色(暗い赤みを帯びた茶色)の服を着たサポーターで埋め尽くされたバックスタンドから「FC琉球、FC琉球」というコールがスタジアムをこだました…

続き

97歳の長寿祝う「カジマヤー」

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  10月から11月にかけて沖縄では「カジマヤー」と呼ばれる97歳の長寿祝いが行われる。旧暦9月7日(今年は陽暦10月15日)がその当日だが、各地の都合に合わせて日程が組まれる。  カ…

続き

ラジオ番組打ち切りに疑問

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  コミュニティーFMラジオの番組「沖縄防衛情報局」が6月末、一部の局で打ち切りになった問題で、キャスターを担当する我那覇真子さんはこのほど、該当ラジオ局を提訴した。記者会見で明らかに…

続き

疲れ癒やす猫都市市長選

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  沖縄県は今年、名護市長選から県知事選まで注目される選挙が目白押しだ。県民に選挙疲れムードが漂い始めている中、疲れを癒やしてくれる選挙がこのほど、那覇市で行われた。選挙される対象は人…

続き

台風の連続に肩落とす県民

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  台風24号が9月末、沖縄本島を直撃。高潮による冠水・浸水や、土砂災害、堤防の一部や設備が破損した。那覇市屈指の観光地である市場通りのアーケード(天井)が吹っ飛び、沖縄市の東南植物楽…

続き

難しい島言葉の普及

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  「ハイサイ、グスーヨー、チューウガナビラ」  沖縄県民なら恐らく誰でも知っている言葉で、「こんにちは、ご機嫌いかがですか」を意味する。9月18日は「しまくとぅば(島言葉)の日」。沖…

続き

とことん安室フィーバー

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  歌手の安室奈美恵さんが16日をもって芸能界を引退した。  ラストライブが行われる15日、ファンにとっては、宜野湾市にある沖縄コンベンションセンターが本人の生の声を聞ける最後の地とな…

続き

行き渡らない「選挙公報」

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  普天間米軍基地から爆音をなくす訴訟団(普天間爆音訴訟)の原告の一人が、普天間飛行場の早期撤去と辺野古移設を明言した宜野湾市議選の新人候補を激励に訪ねた。  「ここに書いてあるあなた…

続き

安室さんラストライブで神経戦

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  日本を代表する歌姫、安室奈美恵さんが9月16日に引退するのを前に、ラストライブを15日、沖縄県宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで行う。会場の収容席数は5000席。チケットは超プ…

続き

我喜屋監督の興南、雪辱は来年

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  沖縄の夏は、終戦記念日とともに終わってしまった。甲子園の話だが、多くの沖縄県民の感情だ。  2試合目の15日、記念式典が開かれる時刻に登場した興南は東千葉代表の木更津総合に0-7で…

続き

ゆいレール15年、延伸に期待

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  「ゆいレール」の愛称で親しまれている沖縄都市モノレール(美里義雅社長)が今月10日、開業15周年を迎えた。総乗客数は開業翌年度から1・5倍以上に増え、昨年、乗客数2億人を達成した。…

続き