世界日報 Web版

[美ら風(ちゅらかじ)] rss

初の18歳選挙で若手が勉強会

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  選挙年齢が18歳に引き下げられてから初めての選挙となった参院選。政治、経済、国際社会の中心で活躍したいという志を持った大学生ら若者を対象とした勉強会が開催された。  主催したのは、…

続き

浦添商が無念のコールド負け

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  第98回全国高校野球選手権大会沖縄大会では嘉手納が優勝し、初めての全国への切符を手にした。  決勝戦はワンサイドゲームとなってしまったが、大会を通じて波瀾(はらん)万丈の展開の試合…

続き

本島と離島で分かれた「民意」

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  10日に投開票された参院選沖縄選挙区では、元宜野湾市長で革新系新人の伊波洋一氏が、現職で沖縄北方担当相の島尻安伊子氏に大差をつけて初当選を果たした。  沖縄では6月の県議選に引き続…

続き

日米同盟と「慰霊の日」

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  沖縄戦の組織的な戦闘が終結したとされる1945年6月23日から、71年目を迎えた今年の「慰霊の日」。糸満市の沖縄県平和祈念公園では、県主催の沖縄全戦没者追悼式が催された。  米国籍…

続き

那覇市議会議長の不信任案可決

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  那覇市議会の金城徹議長に対する不信任決議案が17日、自民、公明両党などの賛成多数で可決された。  市が今年3月に公表した文化財課の不祥事に関する情報を議会に適切に伝えなかったことな…

続き

高校球児が政治集会の犠牲に

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  19日に那覇市の奥武山陸上競技場で革新系の政治集会が開かれるため、隣接する沖縄セルラースタジアム那覇で予定されていた全国高校野球選手権大会沖縄大会の会場が変更された問題が波紋を広げ…

続き

米軍関係事件で謝罪と怒号

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  元米軍兵の米国籍男性による女性死体遺棄事件で、沖縄県全体で怒りが広がっている。こうした中、米国の軍人・軍属、民間人らが、米軍基地が所在する北谷町の国道で、行き交う人々に頭を下げ続け…

続き

元文科相の中山成彬氏「新聞はウソも」

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  「琉球新、報沖縄タイムスを正す県民・国民の会」(我那覇真子代表)は21日、同会顧問で元文科相の中山成彬(なりあき)氏を招き、講演会を行った。  中山氏は「日教組を解体しなければなら…

続き

USJ沖縄進出断念の余波

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  世界的に有名な映画のテーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の沖縄進出断念が11日に正式に決まった。  USJのジャン・ルイ・ボニエ最高経営責任者(CEO)が菅官房…

続き

熊本地震への対応と訪米

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  熊本県や大分県など九州地方を襲った地震を受けて沖縄県は先月18日、支援対策本部を設置。平成7年に締結された九州・山口9県災害時応援協定に基づき、県職員16人を熊本県庁と熊本県宇土市…

続き

泡盛消費低迷の原因は?

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  沖縄の食文化を代表する泡盛(あわもり)の消費が低迷している。  沖縄県酒造組合(那覇市)によると、2015年の泡盛出荷量は前年比3・9%も減少し、1万9247㌔㍑となった。これは1…

続き

被災地の救援にオスプレイ

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  熊本地震の被害が拡大していることを受け、在日米軍は海兵隊の輸送機オスプレイを派遣するなどし、支援している。  普天間基地(沖縄県宜野湾市)所属の第265海兵隊中型ティルトローター機…

続き

キンザー利用で大胆提案

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  浦添市の西海岸に位置する米軍キャンプ・キンザー(牧港補給庫)が早くて9年後の2025年に返還される。これは在日米軍再編の一環で、それに伴い、那覇軍港が浦添埠頭(ふとう)沖に移設され…

続き

多国籍軍事演習から帰任

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  在沖米海兵隊の第31海兵遠征部隊(31MEU)に所属する海兵隊員と海軍水兵の計2200人は22日、タイ、韓国における多国籍軍事演習を終えて帰任した。  31MEUは地上部隊、航空部…

続き

「良き隣人」実行されず?

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  那覇市内のビジネスホテルで米軍キャンプ・シュワブ(名護市)所属の海軍兵が準強姦(ごうかん)容疑で那覇警察に逮捕された。13日深夜、同じ宿泊先のホテルの廊下で寝ていた40代の女性を自…

続き

参院選の革新候補に元宜野湾市長の伊波氏

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  沖縄県政与党など翁長雄志知事を支える革新諸団体でつくる参院選候補者選考委員会が連日の協議を重ね、9日、元宜野湾市長の伊波洋一氏(64)を擁立することを決めた。  伊波氏は昨年9月、…

続き

スポーツ観戦の魅力づくりを

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  球春と呼ばれる2月から3月にかけての沖縄は、プロ野球、サッカー、そして女子ゴルフの選手を間近に見ることができる。  中でも、プロ野球キャンプは選手とファンの触れ合える機会が多く、練…

続き

那覇市施政方針に「辺野古反対」

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  那覇市の城間幹子市長が12日に発表した平成28年度施政方針では米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設の阻止を掲げた。  「辺野古に目を向けると、国は『辺野古推進が唯一の…

続き

今井さんの参院選出馬に衝撃

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  夏の参院選で、歌手グループ「SPEED」のメンバーで沖縄県出身の今井絵理子氏(32)が自民党の比例候補で立候補することがこのほど決まった。地元では大きな衝撃が走っている。  今井氏…

続き

沖縄本島に降雪、観測史上初

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  沖縄気象台によると、沖縄本島北部の名護市で、24日午後10時半前ごろ、みぞれが観測された。鹿児島県の奄美大島でも24日、1901年2月12日以来、115年ぶりに初雪を観測した。沖縄…

続き

基地問題を考えるシンポ開催

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  成人の日の11日、宜野湾市民会館で沖縄の基地問題を考えるシンポジウムが開催された。沖縄では梅の開花の知らせが届き、桜の開花も近づいている。イベント名は「宜野湾と沖縄の未来を考える『…

続き

新年会で保革両陣営が闘志

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  仕事始めの4日、那覇市で経済団体の合同新年会が開かれ、新年早々、沖縄県商工会議所連合会の國場幸一会長と翁長雄志知事による熱いバトルが繰り広げられた。  國場会長は「(基地問題は)手…

続き

那覇の御成橋が消滅危機に?

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  那覇市の沖縄県庁近くに御成橋がある。昭和天皇が皇太子時代、沖縄を訪問された時に渡られたことにちなんで命名された。欄干には、那覇市の首里城正殿や那覇大綱挽(ひ)きの旗頭のデザインが施…

続き