特報

新リーダーで与党に勢い 韓国総選挙まで1カ月 最大野党 公認巡り内紛

韓国第22代国会議員選挙の投開票日(4月10日)まで1カ月となった。尹錫悦大統領の支持率低迷が続く中、与党「国民の力」が議会過半数を取り戻すのか、それとも多数派の最大野党「共に民主党」が過半数を維持し、ねじれ国会がさらに続くのかが焦点。選挙結果は日韓関係や北東アジア情勢にも少なからぬ影響を及ぼすだけに、関心が集まりそうだ。

【特報】昨年、35地方議会で陳情採択 「政党機関紙」庁舎内勧誘問題

全国市区町村の庁舎内で、政党機関紙の勧誘(営業)、配達、集金が無許可で行われていることや、議員による職員へのパワハラ行為(心理的圧力など)により購読を勧誘していることなどが問題になっているが、昨年、35の地方議会で是正のため「自粛」や「実態調査」を求める陳情が採択されたことがこのほど、本紙の調べで明らかになった。

「心は女」の男、女湯侵入事件の波紋 女性守る法整備の声高まる 「LGBT法」推進議員に批判

「心は女性」と自称する男による女湯侵入事件が波紋を広げている。こうした事件が起きる懸念は、今年6月のLGBT理解増進法の成立前から指摘され、同法反対の大きな理由でもあった。このため、同法を推進した自民党議員に批判が集まる一方、女性の安全を守るための法整備の必要性も浮上している。(編集委員・森田清策)

【特報】「私は引きこもりではない」 鈴木エイト氏を提訴した後藤徹氏 宗教脱会ビジネス再発を危惧

「引きこもり」。ジャーナリスト・鈴木エイト氏からテレビ番組でこう呼ばれた東京都在住の後藤徹氏(59)は、名誉毀損(きそん)で鈴木氏を訴える裁判を起こした。世界平和統一家庭連合(家庭連合=旧統一教会)の信者であるため、12年以上も閉じ込められて棄教を迫られた後藤氏は、「引きこもり」発言が大手メディアでまかり通ることで脱会ビジネスが再び活発化するのではないか、と危惧する。(宗教と政治取材班)

【特報】ソフトパワーで平和構築 日台韓は「運命共同体」元台湾副総統 呂秀蓮氏

台湾で陳水扁政権時代に女性初の副総統を務めた呂秀蓮氏(79)はこのほど来日し、世界日報の単独インタビューに応じた。混乱する世界情勢の中で、日本と台湾と韓国は「唇歯輔車(しんしほしゃ)」(運命共同体)の関係であると強調。同じ民主主義の価値観を持つ日台韓がソフトパワーを生かして連携すれば、「世界の平和と安全の牽引(けんいん)役になれる」との持論を展開した。また、自身の理念を実現する上で女性が果たす役割の大きさを強調した。

【特報】表面化しにくい性的虐待 被害者、心の傷に長期苦しむ

全国の児童相談所(児相)への虐待相談件数がまた過去最高を記録した。政府は児童福祉司などを増員して対応するが、虐待増加に追いつかない。中でも性的虐待は心の傷(トラウマ)が深刻でありながら表に出にくいため、支援を受けられず長く苦しむ被害者が少なくない。性的虐待を中心に、被害者支援について考えた。

日常的ハラスメントで憔悴「日本共産党立候補の内側と訴訟の理由」東郷ゆう子さんが語る

政治に興味のないシングルマザーだった東郷ゆう子さん(41)は2020年に共産党に入党し、今年4月の統一地方選挙で同党公認候補として兵庫県議会議員選挙にも出馬したが、今や党を相手に二つの訴訟を起こしている。何が彼女をそうさせたのか。

他のオススメ記事

Google Translate »