旧統一教会

解散命令請求に反対を訴え、家庭連合信者らがデモ行進―熊本

文部科学省の世界平和統一家庭連合(家庭連合)に対する解散命令請求に抗議し、家庭連合の信者や賛同者らが16日、熊本市内のホテルで「信教の自由を守る熊本大会」を開催、その後、参加者約500人が市内の繁華街をデモ行進した

解散請求「国際問題化せよ」 家庭連合など日本の状況懸念 仏ボルドーで宗教シンポジウム

フランス西部ボルドーで開催中の少数派宗教を研究する国際シンポジウム「2024CESNURカンファレンス」で、宗教法人・世界平和統一家庭連合(家庭連合、旧統一教会)が解散命令を請求されている日本の事案に焦点が当てられた。2年前の安倍晋三元首相銃撃事件の衝撃からマスコミが教団批判のセンセーションを起こし、事件に無関係な教団信者すべての信教の自由を著しく制限する宗教法人解散を政府が企図したことに、「日本政府の家庭連合攻撃は民主主義世界で信教の自由が直面する深刻な危機」との認識が提起された。

「議会ルール」無視の宇都宮市共産議員 4回の懲罰特別委で抵抗、30日にも処分か

栃木県宇都宮市議会3月定例会で、政党機関紙の「庁舎内勧誘行為の実態調査を求める陳情」が採択された際の反対討論で、日本共産党所属の福田久美子議員が陳情の趣旨と無関係の発言をしたなどとして設置された懲罰特別委員会がこれまで4回開催されたが、福田市議は弁明を繰り返し抵抗を続けている。

拉致監禁は「親の愛情悪用」 信教の自由考えるシンポー静岡

基調講演を行った主の羊クリスチャン教会の中川晴久牧師は、世界平和統一家庭連合(旧統一教会、家庭連合)信者への強制棄教を主導する、いわゆる「脱会屋」について「親の愛情を悪用している」と批判した

「信者は声を上げよ」福田ますみ氏、栃木で講演

世界平和統一家庭連合(旧統一教会)への国家的迫害が激しさを増す中、基本的人権を考える栃木県民の集い(主催・基本的人権を守る栃木県民の会)が19日、栃木県宇都宮市で開かれた

統一運動、果たした役割あり 広島でシンポ

広島県平和大使協議会が主催するシンポジウム「統一運動が果たした役割と未来への展望」が19日、広島市で開かれ、地元の会員ら約100人が参加した

支持率目的で解散命令請求かー浜田参院議員

浜田聡参院議員(NHK党)は13日の参院行政監視委員会で、内閣支持率を維持するために「無理やり解釈変更して解散命令請求を出したという多くの指摘に対して、(岸田氏から)有効な反論がなされていない」と述べた

【持論時論】家庭連合への不当な差別反対、取手市議の闘い 茨城県取手市議会議員 細谷典男氏に聞く

今年1月に行われた市議会議員選挙で、政府が解散命令請求を行った世界平和統一家庭連合(旧統一教会)への差別反対を前面に打ち出し、前回の2倍近い票を獲得して当選した政治家がいる。茨城県取手市議会議員、細谷典男さん(73)。なぜ逆風に立ち向かい、落選の危惧さえあった選挙戦略を立てたのか。その理由を知りたくて、細谷さんに会った

国際社会で「孤立せず」「信教の自由」大阪で集会 激励メッセージを報告

世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の信者や「関連団体」職員に対する人権被害が報告されている中、信教の自由をテーマに平和シンポジウム(主催・UPF大阪)が18日、大阪市で開かれた。登壇者らは旧統一教会の解散命令を請求した政府の決定に苦言を呈した上で、信教の自由は尊重されるべきだと主張した。約150人が参加した。

Religion and Politics   Dissolution of FFWPU Would Be a Gift to Communists Warnings from an U.S. Evangelical Pastor

Washington, D.C. - Christian evangelical pastor Rev. Johnnie Moore, a former member of the United States Commission on International Religious Freedom (USCIRF)—an independent agency of the U.S. government—recently warned that the Japanese government’s request for a dissolution order of the Family Federation for World Peace and Unification (FFWPU; formerly known as the Unification Church), if realized, would be a “gift to the communists.” He also expressed concern that such a move could influence other minority religions in the future.

日本の信教の自由に警鐘を 元下院議員ら 大統領に呼び掛け

信教の自由擁護を訴える人々が、訪米中の岸田文雄首相との会談で、日本での信教の自由の問題を提起するようバイデン大統領に呼び掛けている。米紙ワシントン・タイムズが9日、報じた。それによると、岸田政権は世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の信徒の息子による安倍晋三元首相暗殺以来、「宗教的少数派を容赦なく取り締まり」、信教の自由を侵害してきたという。

【宗教と政治】家庭連合解散なら「共産主義者への贈り物」 米福音派牧師が警告

米政府の独立機関「国際宗教自由委員会」(USCIRF)の元委員でキリスト教福音派のジョニー・ムーア牧師はこのほど、日本政府が世界平和統一家庭連合(旧統一教会)への解散命令を請求したことについて、これが実現すれば「共産主義者への贈り物」になると警告した。また、こうした動きが今後、他の少数派宗教へ波及することにも懸念を示した。

Request for Religious Juridical Persons Council to Release Meeting Minutes Hamada Raises Questions at House of Councilors General Affairs Committee

During the General Affairs Committee of the House of Councilors on March 12th, Councilor Member Satoshi Hamada raised concerns regarding the confidentiality of the minutes of the Religious Juridical Persons Council meeting.

Examination: Request for Order to Dissolve the Family Federation Runaway Politics and Media(3)Media Bias

Media coverage on the July 8, 2022 shooting of former Prime Minister Abe has been extremely scant in their criticism of the terrorist act committed by defendant Tetsuya Yamagami.

宗教界は「オウム」の傷払拭を 「脱会屋」の横行指摘 信教の自由シンポジウム

世界平和統一家庭連合(旧統一教会、家庭連合)への解散命令請求は不当であり、宗教界の危機であるとして、「信教の自由と人権を守るシンポジウム」千葉県大会(主催・同千葉県民の会)が20日、千葉市内で開かれ、約300人が参加した。登壇者の一人で、主の羊クリスチャン教会の中川晴久牧師は、「カルト」というレッテル貼りが行われやすい日本の背景について、「オウム真理教事件の記憶とトラウマが利用されている。宗教界がその傷を癒やさないといけない」と訴えた。

Examination: Request for Order to Dissolve the Family Federation, Runaway Politics and Media (2) Opposition Parties Inciting Rampage

The government changing its interpretation of the Religious Corporations Act will naturally affect all religious corporations. The conventional requirement for requesting a dissolution order of a religious corporation was explicitly interpreted as committing “an act that is in violation of the prohibitive or imperative norms established by the Penal Code or other laws and regulations, and that is clearly found to harm public welfare substantially” in Article 81, paragraph 1, item 1 of the aforementioned Act, along with item 2 which states, “an act which deviates substantially from the purpose of a religious organization prescribed in the provisions of Article 2” (Tokyo High Court, December 19, 1995).

宗教法人審議会の議事録公開を要求参院総務委 浜田聡氏が質問

参院総務委員会で12日、質問に立った浜田聡参院議員は、文部科学省が世界平和統一家庭連合(旧統一教会)を東京地裁に解散命令請求した際の決定につながった宗教法人審議会の議事録が非公開になっていることについて「信教の自由の観点から問題」だと述べ、議事録の公開を求めた。これについて文化庁の小林万里子審議官は、裁判所の判断が確定するまでの期間は「議事要旨を公開しないことが全会一致で決定されている」と答弁した。

「まるで権威主義国家」―旧統一教会解散請求 米保守系誌が論評掲載

米保守系誌アメリカン・スペクテーター(電子版)は6日、日本政府が世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の解散命令請求を行ったことについて、「権威主義国家が日常的に行うようなことだ」と批判し、日本政府が信教の自由を侵害していることに警鐘を鳴らす論評を掲載した

「強制棄教が解散請求招く」12年の監禁被害者 後藤徹さん

政府による世界平和統一家庭連合(家庭連合、旧統一教会)の解散命令請求に抗議する「人権と信教の自由を守る西神奈川集会」(集会実行委員長・松永芳郎)が7日、藤沢市で行われた。強制棄教を目的とした、脱会カウンセラーによる12年以上の拉致監禁被害を受けた後藤徹さんは、「拉致監禁が解散請求を招いた」と強調した

信者の拉致監禁で質問書 浜田参院議員 政府の見解尋ねる旧統一教会問題

世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の信者に対し強制棄教を目的とした拉致監禁が行われた問題を巡り、浜田聡参院議員(NHK党)は5日付で政府の見解を問う質問主意書を提出した。

他のオススメ記事

Google Translate »