世界日報 Web版

[地球だより] rss

タイ反政府軍団の復活劇

地球だより  タイ反政府デモのリーダーであるステープ元民主党議員はこのほど、インラック首相が抗議デモと政府機関占拠の中止を条件にデモ隊側と対話する考えを示したのに対し、「この国から『タクシン体制』を排除することがわれわれ…

続き

同性婚に強烈なフランス保守層の反発

地球だより  フランスでは、人種差別問題がちょっとした騒ぎになっている。それは、中道右派の議員がクリスティアーヌ・トビラ法相のイラストをフェイスブックに掲載し、中傷したからだ。トビラ氏はギアナ出身の黒人女性で、今春、同性…

続き

フィリピン台風災害で自粛ムード

地球だより  多くのフィリピン人が最も楽しみにしているシーズンは、間違いなくクリスマスだろう。この時期は仕事納めのパーティーで大いに盛り上がるのが恒例となっているが、今年はちょっと事情が違う。  フィリピンにはあまり自粛…

続き

米国の民間有力シンクタンクの豪華ビル

 9月にワシントン市内に完成した米国の民間有力シンクタンク「戦略国際問題研究所」(CSIS)の新しい本部ビルを訪ねた。  エントランスをくぐると、贅沢(ぜいたく)な吹き抜けの空間が広がり、シャンデリアが垂れ下がる。同時に…

続き

韓国の高層ビルに潜む危険

地球だより  ソウルの日本人駐在員とその家族が多く住む東部二村洞という地区は別名「日本人村」と呼ばれる。70年代に外国人向けマンションが建設され、ここに入居するようになったのがその始まりで、まだハングルが分からない日本人…

続き

夢破れた英国留学

地球便り  英国へは旧植民地だった英連邦諸国から多くの若者たちがより良い教育と就業機会を求めてやって来る。しかし、長引く不景気の中で若年層の就職も厳しく、パートやアルバイトでその日暮らしの生活を強いられているのが実情だ。…

続き

タイ野党、笛吹けど踊らず

地球だより  タクシン元首相に対し反旗を掲げるタイの野党民主党が呼び掛けた13日から3日間のゼネストは、不発に終わった。辛うじて民主党の支持基盤である南部のサトゥンやナコンシータマラートなどの一部の学校や役場で民主党支持…

続き

エジプトで感謝される日本の支援

地球だより  先月、日本人として少なからず誇らしく思う行事に参加することができた。10月10日、カイロ市中央にあるオペラハウスの大劇場で、創立25周年記念行事が行われ、招待客らに対し、オペラハウスが全組織を挙げて演奏やダ…

続き

多発するATMスキミング タイから

地球だより 観光地には意外な落とし穴が待ち受けているものだ。  せんだって都内にあるロレックスセンターの現金自動預払機(ATM)で、スキミング装置でカード情報が盗まれ、ウクライナに違法送金されたことが明らかになった。  …

続き

政府閉鎖と国立公園 米国から

地球だより  10月に16日間にわたって米政府が一部閉鎖された。80万人近い連邦政府職員が一時帰休し、多くの政府機関が閉鎖または機能縮小した。おかげでいろいろ不便なことが発生したが、最もニュースになった不便は国立公園の閉…

続き

北がある限り… 韓国から

地球だより  内乱陰謀罪で韓国中を騒がせた事件の母体となった親北朝鮮政党・統合進歩党。強制的に解散させるべきだという世論が高まっていた中、昨日ついに韓国政府が憲法裁判所に解散審査を請求した。これで物議を醸し続けた同党が消…

続き

ローマ・カトリックは深刻な聖職者不足

地球だより  ローマ・カトリック教会は聖職者不足で悩まされている。日曜礼拝を担当する聖職者がいない、といった教会が増えてきた。南米出身のフランシスコ法王は、聖職者の未成年者への性的虐待問題で信頼を失った教会の立て直しに腐…

続き

国営銀行の特別な融資 ロシアから

地球だより  先日、あるロシアの大手銀行から手紙が届いた。開けてみると、「特別な融資のご提案です」とある。必要な書類は「パスポート」だけ。「銀行の店舗に一回行くだけで、融資を受けることができます」 そして、次を見て、「目…

続き

国民的歌手と未成年の交際 フィリピンから

地球だより  日本でもヒット曲「ANAK(息子)」で知られるフィリピン人歌手のフレディー・アギラさん(60)が、未成年の少女(16)と交際していることが明るみとなり、恋愛の自由と社会的モラルをめぐる議論が世間を騒がせてい…

続き

参戦兵士の「名誉の飛行」 米国から

地球だより 第二次世界大戦を戦った退役軍人12人を乗せた6機の小型飛行機が、米中西部オハイオ州から首都ワシントンに向けて飛び立ったのは、2005年5月のことだった。  ワシントンに第二次世界大戦記念碑が完成したのは、終戦…

続き

隗より始めよ 韓国から

地球だより 先日、一時帰国してビックリしたのは、日本人の韓国に対する認識がひどく厳しかったことだった。実家の近くに住む兄の家に寄ったら、義理の姉が「パク・クネは歴史を知らな過ぎる!」と珍しく鼻息を荒くしていたし、旧友に会…

続き

多発する未成年ルーマニア人の犯罪 フランスから

地球だより  パリに観光に訪れたことのある人なら、地下鉄などでフランス人とは思えない少年少女らがスリやひったくりをしている光景を見掛けた人もいるだろう。いや、実際に彼らの被害に遭った日本人観光客も少なくない。  彼らは数…

続き

中国のASEAN分断外交 タイから

地球だより  中国の李克強首相は今月中旬、ブルネイで開催された東アジア・サミットに出席後、ベトナムやタイを訪問した。また習近平国家主席も今月初旬、初めてインドネシアとマレーシアを訪問し、協力関係強化で合意した。アジア回帰…

続き

民主主義は教育から エジプトから

地球だより  アラブ・イスラム世界は、「アラブの春」を通じて長期独裁政権を打倒後、民主主義に向かい得ると考えた欧米世界の見方が、いかに甘かったかが、昨今の、エジプトやチュニジア、リビア、シリアなどの現状を見るに及び、証明…

続き

観光客増加は五輪効果? 英国から

地球だより  ロンドンを訪れる観光客数が今年前半だけで792万人に達して、前年同期比で8%増加したと先週発表された。このまま行けば、年間で1600万人に届くことになり、ロンドンはバンコクを抜いて今年世界1位になると予想さ…

続き

運輸大臣の苦行 タイから

地球だより  タイのチャチャート運輸大臣(47)がプラパット・タイ国鉄(SRT)総裁らを伴ってタイ国鉄の列車に乗り込み現状視察した。  乗り込んだのは夜、バンコク中央駅を出発し12時間かけて翌朝、ラオスと接する国境都市ノ…

続き

地方選手の待遇改善へ ブラジルから

地球だより  W杯最多優勝を誇るブラジルは、サッカー王国として知られ、欧州や日本など世界各地で活躍するブラジル出身のサッカー選手は多い。先日、ACL(アジアチャンピオンズリーグ)の準決勝において柏レイソルを撃破した中国の…

続き

黙ってると損? 韓国から

地球だより  受信機の調子が悪く、ケーブルテレビが映らないという苦情の電話を事業者に入れた。もうこれで3度目。「いいかげんにしてほしい」と語気を強めて言うと、担当者は他の訪問サービスよりも優先させてすぐに修理しに来た。受…

続き