地球だより

スター講師の人生指南 韓国から

近年、韓国で人気を博している大人向けの教養テレビ番組がある。どんな人生相談にもユーモアを交えて名回答を導き出すキム・チャンオク氏(50)という男性パーソナリティーによるトークショーだ。キム氏はもともと声楽家になることを夢見て大学の音楽科に進学したが、ひょんなきっかけで講師の道を選び、今では韓国で押しも押されもせぬスター講師になった。

ムエタイ留学の特典 タイから

観光振興の一環として、タイ政府は国技であるムエタイを学ぶためのビザを出すようになった。

厳粛に祝う独立記念日 イスラエルから

イスラエルは、14日(ユダヤ暦イヤル月5日)に独立記念日(ヨム・ハアツマウート)を祝った。1948年に国家として独立を宣言してから、今年で76年目を迎えた。

オーバーツーリズムと聖火リレー フランスから

パリ五輪・パラリンピックが7月下旬から始まる。今月31日には聖火リレーが、島の上に立つ修道院、モンサンミッシェルを通過する予定で、1日の観光客数は5万人に上ると見込まれている。

洪水被害で見える隣人愛 ブラジルから

ブラジルでは、南部のリオグランデドスル州で発生している洪水被害のニュースが注目を集めている。

歌姫たちの日韓競演 韓国から

韓国でも家族や友人、知人などと親睦を深めるため「ノレバン(歌の部屋)」と呼ばれるカラオケに行くことが多い。先日もグループでノレバンに行ったが、面白いことに普段「反日」顔している韓国人が日本語の歌を歌い、妙に打ち解けてしまった。

良品ぞろい「べビーボックス」フィンランドから

妊婦のための2024年版ベビーボックスが社会福祉機関(KELA)から発表された。この無料マタニティーパッケージには、赤ちゃんが1歳を迎えるまでに必要な衣類、寝具、ベビー用品が40品余り入っている。

ガザから逃れたパレスチナ人 イスラエルから

テロ組織ハマスとイスラエルの戦争が続くパレスチナ自治区ガザから逃れたパレスチナ人たちがいる。幸運にもガザを出ることができたアズハル大学政治学部学部長を務めていたムハイマル・アブサーダ教授がメディアで語った。

「黒海の真珠」が危ない オーストリアから

ウクライナの首都キーウからオーストリアの首都ウィーンまで直線距離は約1050㌔。ロシア軍が2022年2月、ウクライナに侵攻して以来、オーストリアにも数万人のウクライナ避難民、主に女性と子供が逃げてきた。

前代未聞の猛暑で混乱 フィリピンから

フィリピンと言えば常夏のイメージだが、今年はエルニーニョ現象の影響で前代未聞の猛暑となっており、暑さに慣れているはずの国民も大きな混乱に見舞われている。

泥棒を欺く小包の「おとり」米国から

米国では、玄関先に置かれた宅配物を盗み取る「ポーチ・パイレーツ(玄関先の海賊)」が横行している。2020年の新型コロナウイルスの感染拡大以降、オンラインショッピングや宅配便の急増により、大幅に増加した。

医師は一番偉い人? 韓国から

先日、地方に住む看護師の友人がソウルに遊びに来たところ、急に喉と胃が痛むと言うので、彼に付き添ってクリニックへ行った。韓国も日本のようにクリニックが幾つも入る雑居ビルがたくさんある。ビル内には薬局もあって便利だ。

水掛け祭りも変化の波 タイから

四季はなく、ホット、ホッター、ホッティストの3季だけといわれるタイで、この季節はホッティストの猛暑期だ。

例年と違う過ぎ越しの祭 イスラエルから

イスラエルでは、ユダヤ教の祝祭日の中で最も重要な祭りの一つである「過ぎ越しの祭り(ペサハ)」が22日夜から始まった。ユダヤ暦ニサン月15日から1週間続くこの祭りは、ユダヤ民族がエジプトでの400年間の奴隷生活を逃れ、カナンの地(地中海とヨルダン川、死海の間の地域)に向けて出発したことを記念する。

五輪控え暴力が急増 フランスから

フランス北部グランドシンセで22歳のソーシャルワーカーが、ギャング団一味と思われる未成年者の待ち伏せで惨殺される事件が15日に発生した。同じ時期、南部モンペリエでは、14歳の女子生徒へのネットいじめがエスカレートし、集団暴行へ至る事件が発生した。

金の価格上昇どこまで ネパールから

先日、わが家の家計支出状況を確認するために、クレジットカードの使用記録を調べたのだが、これまで一度も使ったことのない、聞き慣れない名前の会社が1件あった。それとなく妻に聞いてみたが、「そんな店で購入した覚えはない」とのこと。

デング熱に注意を ブラジルから

ブラジルでデング熱が大流行している。保健省によると、3月末までに昨年同期比で倍以上の300万人超が感染したという。デング熱は、蚊を媒介とした熱帯性のウイルス感染症だ。

不快な臭いは謎のまま フィンランドから

3月31日と4月7日、首都ヘルシンキや近郊の湾岸都市に強烈な硫黄のような臭い、あるいは腐った卵か下水のような悪臭が広がった。ヘルシンキ救助局を中心に警察、国境警備隊、気象研究所、環境研究所、および緊急対応センター庁が共同で包括的な調査を行ったが、悪臭の原因は突き止められずいまだに謎のままだ。

観測史上最も暑い4月 オーストリアから

アルプスの小国オーストリアでは、季節の移り変わりが次第に薄くなり、カレンダーでは冬が到来したのに雪が降らないといった年が増えてきた。今年もウィーンでは雪は数回しか降らなかった。その代わりに、2月、3月は観測史上最も暖かい月となった

エープリルフールの炎上 フィリピンから

意外かもしれないがフィリピンではたこ焼きがけっこうな人気だ。ショッピングモールに行けばだいたい1件くらいは、たこ焼き屋があるほど定番化している。

他のオススメ記事

Google Translate »