[地球だより] rss

現代版「春香伝」はリアルー韓国から

地球だより  韓国で5月といえば「家庭の月」。筆者がソウルに赴任した頃、常駐する外国特派員たちを家族ごと招待す…

続き

コロナ失業互助活動に賛否ーフィリピンから

地球だより  フィリピンでは新型コロナ感染の急増で医療施設が逼迫(ひっぱく)し、再び厳しいロックダウンが実施さ…

続き

コロナ禍で地方移住が増加ーフランスから

地球だより  新型コロナウイルス感染対策の外出禁止を何度も経験したフランスで、パリなど都会の住民の地方移住が進…

続き

初代教会の雰囲気残すコプト地区ーエジプトから

地球だより  カイロ中心部とマーディ地区の中間にあるコプト地区に行くと、キリスト教初代教会の一つ、コプト教の教…

続き

伝えたい運動部の良さー韓国から

地球だより  知り合いの息子さんが町内の道場で柔道を習っていた。ある程度上達すると、まだ小学生なのに電車を乗り…

続き

西ガーツ山脈の恩恵ーインドから

地球だより  インド半島の西側には、壮大な西ガーツ山脈がそびえ立つ。一度、ムンバイからプネ経由でゴアまでの約3…

続き

生徒の姿が見えない授業ー米国から

地球だより  先日、いつも通っている理髪店に行った際、中学生の息子を持つ美容師が、「今度の秋から学校が再開され…

続き

フィリップ殿下の「ユーモア」ーオーストリアから

地球だより  英国のフィリップ殿下の葬儀が17日、ロンドン近郊ウィンザー城内の聖ジョージ礼拝堂で執り行われた。…

続き

ユダヤ教徒の苦労ーイスラエルから

地球だより  イスラエルでは3月27日の日没から4月3日の日没まで、ユダヤ教徒たちが「過ぎ越し祭」(ペサハ)を…

続き

「ご飯食べた?」が挨拶言葉ー韓国から

地球だより  先日の選挙で10年ぶりにソウル市長に返り咲いた呉世勲氏といえば、多くの市民が前回任期時の小中学校…

続き

コロナ禍のサマーコテージ人気ーフィンランドから

地球だより  不動産業界のこのほどの発表によれば、サマーコテージの人気が昨年から上昇しているという。サマーコテ…

続き

土曜日は「フェイジョアーダ」がオススメーブラジルから

地球だより  ブラジルの「国民食」と言われる一品が「フェイジョアーダ」だ。黒豆と牛肉、豚の内臓・足などの部位や…

続き

蔓延するワクチン不信ーフランスから

地球だより  新型コロナウイルスのワクチンを接種するべきかどうかがフランスで熱い議論になっている。  英アスト…

続き

接種でも「割り込み」横行ーフィリピンから

地球だより  ようやく新型コロナウイルス用のワクチン接種が開始されたフィリピンだが、優先順位を無視して接種を受…

続き

ルクソールの王家の谷ーエジプトから

地球だより  エジプトを旅して格段に印象が強い場所が、同国王朝時代の首都ルクソールのナイル川西岸にある「王家の…

続き

銀行マンは庶民の味方ー韓国から

地球だより  マイホーム購入はこちらでも多くの人にとって人生の目標の一つだ。だが、新婚世帯や庶民にとってはまだ…

続き

名前は「鮭魚」で寿司食いねぇー台湾から

地球だより  日本では恥をかくことを「名を汚す」と表現する。「家名」などというやや古めかしい言葉もある。「名前…

続き

食用昆虫国際市場デビューーベトナムから

地球だより  東京・渋谷のパルコに昆虫食レストランが出店して、話題になったことがある。ベトナムの首都ハノイ市ダ…

続き

外出制限緩和も我慢の春ー米国から

地球だより  最近、米首都ワシントン周辺でも寒さは消え、徐々に春らしい気候になってきた。それにつれ、人々が外出…

続き

バチカン コロナ禍、高齢者直撃 オーストリアから

地球だより  新型コロナウイルスは世界でその猛威を振るっている。バチカンのローマ教皇庁も例外ではない。高位聖職…

続き

女性たちの抗議行動ーネパールから

地球だより  ネパールでは女性への暴行事件がデモに発展している。下校途中だった生徒バギラティ・バッタさんが行方…

続き

野球でアラブ諸国と交流ーイスラエルから

地球だより  あまり知られていないが、イスラエルにもイスラエル野球協会(IAB)が存在する。  1986年にI…

続き

心に沁みた慰労の言葉ー韓国から

 東日本大震災から10年となった日に合わせ、ソウルでは日韓両国の関係者による記念行事が行われた。  相星孝一駐…

続き