世界日報 Web版

[台湾総統選] rss

「一つの中国」拒否した台湾

NPO法人修学院院長・アジア太平洋交流学会会長 久保田 信之 難問に挑む蔡次期総統 日本と海洋国の本領発揮を  台湾の総選挙は予想通りとはいえ民進党の大勝利で終わった。台湾人の良識を高く評価し、心からの祝辞を述べたい。 …

続き

蔡英文氏当選に韓国の心中複雑

 台湾の次期総統に当選した民進党の蔡英文氏に韓国が戸惑いを隠せずにいる。親中路線とは一線を画し、日米との親密ぶりをアピールしているためだ。韓国女性アイドルグループの台湾出身メンバーによる国旗騒動が重なったこともあり、戦略…

続き

台湾総統選 蔡氏勝利を祝う

桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ 花開いた蒋経國の英断 国民が知恵と勇気ある行動  台湾の国民が勇気と知恵をもって行動に出た。1月16日の台湾総統選及び議会の選挙は民進党が大躍進し勝利を収めた。総統選に関しては国民…

続き

中国に「道徳空白」の難題

台湾に吹いた蔡英文旋風(下) 「富強有徳」志向へ台湾の役割  今回、立法院選挙で注目を浴びたのは、弟を愛した熱血の姉・洪慈庸氏だ。弟は兵役終了日を直前に控えながら隊内でいじめに遭遇し、死亡する。その真相究明を求め、軍を前…

続き

習近平氏の「台湾併合」野望懸念

台湾に吹いた蔡英文旋風(中) 東アジアの自由と安保を左右  中台統一は中国の悲願だ。福建省で17年間、勤務した経験があり台湾専門家を自負する習近平国家主席にとっても、台湾問題は自らの政治生命を決定しかねない重要事項だ。少…

続き

台中接近から日米台連携へ 台湾総統・立法院選が示すもの

国民党支配からの決別選んだ民意 平成国際大学教授 浅野 和生  1980年米大統領選挙でのレーガンの勝利を彷彿(ほうふつ)とさせる「蔡英文の地滑り的勝利」であった。去る1月16日の、台湾における総統(大統領)と立法院(国…

続き

台湾に吹いた蔡英文旋風、中・米とも織り込み済み

台湾に吹いた蔡英文旋風(上) 平和担保の覚悟問われる日本  台湾のトップを決める総統選は、民主進歩党の蔡英文主席が国民党の朱立倫主席の倍近い票を獲得し圧勝。立法院(国会、定数113)選でも、民進党が現有40議席から68議…

続き

台湾次期総統、対中傾斜是正へ戦略再構築を

 台湾の総統選挙で台湾独立を志向する最大野党・民主進歩党の蔡英文主席が、中国との融和路線を唱える与党・国民党の朱立倫主席を大差で破って勝利した。  女性総統の誕生は台湾史上初めてだ。蔡主席は4年前に敗れた雪辱を果たした。…

続き

権力空白期の馬政権、混乱必至

 16日投開票された台湾総統選と立法委員(国会議員=113議席)選で今後4年間の台湾政局が民進党政権の復権を軸に大きな転機を迎えている。5月20日の蔡英文新総統就任式までの約4カ月間、馬英九政権は内閣総辞職による与野党連…

続き

台湾総統に蔡英文氏、中国依存脱却へ日台関係強化を

 台湾の総選挙は予想通りとはいえ民進党勝利で終わった。台湾人の良識を高く評価し、心からの祝辞を述べたい。しかし、蔡英文政権が直面せざるを得ない多種多様な内憂外患を自分の問題として真剣に考えることこそ、台湾を心から愛する者…

続き

台湾の民進党独走、中国の強い政治メッセージも

2016 世界はどう動く-識者に聞く(11) 台湾・輔仁大学(台湾大学兼任)教授 何思慎氏(下) 16日の立法委員(国会議員=113議席)選挙で民進党が過半数を獲得し、国民党が野党になった場合、日本と同様に野党不在の政治…

続き

日台関係深化、中台関係の安定が前提に

2016 世界はどう動く-識者に聞く(10) 台湾・輔仁大学(台湾大学兼任)教授 何思慎氏(上) 昨年11月7日、シンガポールで習近平中国国家主席と馬英九台湾総統が66年ぶりに中台トップ会談を行い、「92年コンセンサス」…

続き

台湾立法委員選、挙党一致の民進党過半数も

2016 世界はどう動く-識者に聞く(9) 淡江大学国際事務戦略研究所所長 翁明賢氏(下) 16日投開票の総統選挙は民進党の蔡英文総統候補が圧勝する勢いだが、政局の焦点は同時に投開票される立法委員(国会議員=113議席)…

続き

台湾総統選と中国、海峡安定が最優先の課題

2016 世界はどう動く-識者に聞く(8) 淡江大学国際事務戦略研究所所長 翁明賢氏(上)  1月16日投開票の台湾総統選挙、立法委員(国会議員=113議席)選挙では野党・民進党が優位に戦いを進めている。選挙の展望、中台…

続き

民進党の女性総統誕生へ総力戦 台湾総統選2016

若者支持のミニ政党追い上げ 台湾立法委員選  1月16日投開票の台湾総統選(任期4年、再選は2期まで可)と立法委員(国会議員)選(定数113)が告示され、12月19日から正式な選挙戦がスタートした。最大野党・民進党の蔡英…

続き

蔡英文人形が人気! 台湾総統選

小政党「時代力量」の集会でも  1月16日投開票の台湾総統選に向け、終盤戦に突入している台湾各地では、最大野党・民進党の総統候補である蔡英文党主席が支持率で独走状態を続け、選挙集会でも本人のゆるキャラ「小英人形(蔡英文人…

続き

立法院も「一強二弱」 中台緊張リスク、日米協力強化を

ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選(5)  「一強二弱」と台湾メディアで報じられるほど、選挙序盤から野党・民進党公認候補、蔡英文主席は「一強」としての支持率が高く、二弱である国民党の朱立倫主席、親民党の宋楚瑜主席を寄せ付け…

続き

蔡氏、大陸との意思疎通約束

ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選(4)  来月16日の総統選まで残り3週間を切り、事実上の終盤戦に入った選挙戦は、最大野党・民進党の蔡英文主席の圧倒的優勢は変わらず、テレビ局TVBSが20日発表した世論調査結果では、支持…

続き

対中融和でも浮揚せず

ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選(3) 台湾中部、不満が民進党に追い風  2012年の前回総統選では約80万票差(馬英九氏689万票、蔡英文氏609万票)で馬英九氏に競り負け、昨年11月の統一地方選では新北市長選でも朱立…

続き

台湾の景気浮揚策に光

総統選、各陣営とも自然エネルギー開発訴え  台湾は馬英九政権の8年間で対中融和による景気浮揚策が経済成長目標より大幅に下回り、景気低迷が与党・国民党に不利に働いている。来月16日投開票の総統選では各候補は「環境に優しい産…

続き

民進党、地方首長押さえ優勢 国民党、人選不手際で分裂も

ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選(2)  台湾では2010年の五大直轄市長選までは北部の台北市、新北市で国民党が勝利し、「北藍南緑(台湾北部は藍色の国民党、南部は緑色の民進党支持)」との従来の表現が通じた。しかし、昨年1…

続き

台湾茶話会で平和の鐘響け 台北

呂秀蓮元副総統が呼びかけ 平和大使集め1000人参加 中国の外交圧力に文化人結束も  1月16日投開票の台湾総統選挙と立法委員(国会議員)選挙に向け、台湾では活発な選挙活動が展開されているが、異色の平和活動を展開している…

続き