反ユダヤ主義

反ユダヤ主義がフランスで急増 ガザ攻撃後

仏ユダヤ人団体代表評議会(Crif)が25日に発表した報告によると、昨年10月7日のイスラエル軍によるパレスチナ自治区ガザの攻撃開始以来、フランスでの反ユダヤ行為の件数は10倍以上に増加した。

ハーバード大学長に辞任圧力 論文の盗用疑惑で非難 人種で選ばれたとの批判も

米名門ハーバード大の学長に対して、辞任を求める声が高まっている。学内での反ユダヤ主義への対応が問題視される中、論文の盗用疑惑も浮上。背景として、特定の人種や性別などを優遇する「アイデンティティー政治」が大学内で広がっている問題も浮き彫りになっている。

憎悪煽るSNSに中国の影 反ユダヤ主義の深層(下)世界反ユダヤ主義政策研究所所長 チャールズ・スモール氏

ソーシャルメディアは間違いなく反ユダヤ主義を増幅させている。イスラエルとユダヤ人に関する肯定的な動画が数本しかないのに対し、反ユダヤ、反イスラエル的な動画は400本もあるという調査結果がある。だから、そこで何らかの問題が起きているということだ。

ハマス憲法にナチスの影響 反ユダヤ主義の深層(中)世界反ユダヤ主義政策研究所所長 チャールズ・スモール氏

彼らの憲法である「ハマスの規約」を参照してほしい。これは一部過激派や軍事部門だけが信じているものではなく、これこそがハマスの存在目的であり、彼らの本質なのだ。

過激イスラムと極左の「同盟」反ユダヤ主義の深層(上)世界反ユダヤ主義政策研究所所長 チャールズ・スモール氏

イスラム組織ハマスが先月7日にイスラエルを攻撃して以来、欧米の大学キャンパスなどで反ユダヤ主義に基づく暴力・脅迫事件などが急増している。「世界反ユダヤ主義政策研究所」の所長であるチャールズ・スモール氏にその背景について聞いた。

かぎ十字落書き 仏で13人逮捕

仏パリ検察当局は25日、ナチスのシンボルのかぎ十字を落書きした容疑で、極右要監視人物に指定されている7人を含む13人を逮捕したことを明らかにした。ダルマナン内相によれば、反ユダヤ主義行為が急増しており、10月7日のイスラム組織ハマスによるイスラエル攻撃以降、1500件超が国内で確認された。

「反ユダヤ」に抗議 18万人デモ フランス 大統領経験者や首相も参加

フランスのパリで12日、イスラエルとイスラム組織ハマスの衝突以降、同国で広がる反ユダヤ主義行為に抗議するデモが行われ、警察発表で約10万5000人が参加した。仏議会の上下両院議長の呼び掛けで行われ、内務省によると仏全土では約18万人が集った。

米大学内の反ユダヤ主義、共和党からも批判

米南部フロリダ州マイアミで8日に開かれた野党・共和党の第3回大統領候補者討論会では、パレスチナのテロ組織ハマスとイスラエルの衝突が大きな議題となった。複数の米大学キャンパスで反ユダヤ主義の抗議活動が広がっていることについて、候補者たちから批判の声が相次いだ。

米大学で広がる反ユダヤ主義 学生ら証言、「犯罪呼び掛け」も 議会公聴会

米下院司法委員会は8日、米国で反ユダヤ主義的な言動が広がる中、大学キャンパスにおける言論の自由に焦点を当てた公聴会を開催し、学生や専門家が証言した。傍聴席にいたパレスチナ支持の活動家による抗議行動のため、審議はたびたび中断した。

他のオススメ記事

Google Translate »