世界日報 Web版

[中曽根康弘元首相追悼特集] rss

中曽根氏逝去 冷戦終結に寄与し改憲に尽力

 中曽根康弘元首相が逝去した。ご冥福をお祈りいたします。中曽根氏が残した業績は「戦後政治の総決算」を掲げて行政改革を断行したことと、憲法改正に尽力したことだ。また、日米同盟を再構築・強化し、米ソ冷戦終結に寄与した。 米S…

続き

2011年度の世界日報・新春座談会=2010年12月中曽根事務所で

大統領型首相目指す、日米軸に国際地位向上

 中曽根康弘元首相は、東西冷戦のさなか、保守、革新両陣営を代表する自民、社会両党が主導した「55年体制」の時代に、実力者として君臨した最後の政治家だった。内政面では行財政改革を断行し、外交面では日米同盟の強化を軸に日本の…

続き

2011年度の世界日報・新春座談会=2010年12月中曽根事務所で

中曽根元首相死去、101歳

国鉄の分割・民営化、戦後政治総決算を遂行  中曽根康弘元首相が29日午前、死去した。101歳だった。  中曽根氏は1918年5月、群馬県高崎市生まれ。東京帝大法学部卒、旧内務省に入り、海軍士官を経て47年4月、衆院旧群馬…

続き