[中国覇権主義] rss

感染症と「夜の街」 第2波を左右する「欲望」

《 記 者 の 視 点 》  東京都庁のライトアップが11日夜、赤から虹色に変わった。新型コロナウイルス感染へ…

続き

保守紙は今こそ堂々と憲法改正と緊急事態基本法の必要性を説くべし

◆まさに泥縄の特措法  つい辞書を引きたくなった。泥縄=事が起こってからあわてて用意をすること。付け焼き刃=一…

続き

新型コロナウイルスの感染者3人止まりの沖縄

琉球大学名誉教授 平良一彦氏に聞く  沖縄県内で新型コロナウイルスの感染が確認された3人と長時間接触した「濃厚…

続き

「人命より説明」を優先させ政府の感染症対策の足を引っ張る朝日

◆「司令塔喪失」の教訓  大地震、大津波、原発事故の三重苦が襲った東日本大震災。それから明日で9年。新聞はその…

続き

中国、旧式ミサイルDF5を多弾頭化 China adds warheads to older DF-5s

 米国防当局者によると、中国軍は単弾頭の大陸間弾道弾(ICBM)DF5を、個別に目標を設定可能な複数の弾頭を持…

続き

東シナ海情勢、日中の緊張激化は不可避

2016 世界はどう動く-識者に聞く(18) 笹川平和財団米国研究員 ジェフリー・ホーナン氏(上) 東シナ海情…

続き

習近平氏の「台湾併合」野望懸念

台湾に吹いた蔡英文旋風(中) 東アジアの自由と安保を左右  中台統一は中国の悲願だ。福建省で17年間、勤務した…

続き

習中国主席の軍事改革動向

拓殖大学名誉教授 茅原 郁生 党優位で戦える軍隊に 「党の柱石」陸軍を格下げ  北朝鮮の核実験が注目を集めてい…

続き

中国、南シナ海実効支配を強化

近隣国漁船へ暴力行為急増  中国は新年明け早々、南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島のチュータップ岩礁に建…

続き

中国核戦力近代化、米の拡大抑止の信頼高めよ

2016 世界はどう動く-識者に聞く(5) 新米国安全保障センター上級研究員エルブリッジ・コルビー氏(下) 中…

続き

中国の軍事力増強 深刻な挑戦、理解せぬ米政府

2016 世界はどう動く-識者に聞く(4) 新米国安全保障センター上級研究員エルブリッジ・コルビー氏(中) 中…

続き

南シナ海人工島、周辺国の対中接近促す可能性

2016 世界はどう動く-識者に聞く(3) 新米国安全保障センター上級研究員エルブリッジ・コルビー氏(上) 中…

続き

辺野古移設、抑止力の最前線基地に

安保情勢と普天間移設 沖縄の米軍問題を考える会代表 松谷秀夫(下)  普天間基地の危険性の除去として名護市辺野…

続き

ISと中国に明け暮れた1年

元統幕議長 杉山 蕃 テロと南シナ海問題 新指針で日米防衛協力前進  1年を振り返って防衛の抱える問題について…

続き

普天間基地、中国の野心阻止へ解決を

安保情勢と普天間移設 沖縄の米軍問題を考える会代表 松谷秀夫(中)  普天間基地は正式には、米国太平洋軍海兵隊…

続き

15年の世界、遅きに失した米自由航行作戦

 オバマ米政権の安全保障戦略の特徴は「アジア・ピボット(回帰)」あるいは「アジア・リバランス(再均衡)」と呼ば…

続き

中国の動向、民族の生存拡大が戦略

安保情勢と普天間移設 沖縄の米軍問題を考える会代表 松谷秀夫(上)  中国は最近、南シナ海、南沙諸島(スプラト…

続き

中国共産党は巨大な財閥

世日クラブ 世界の権力構造の変容と日中関係~歴史戦争は終わらない ノンフィクション作家 河添恵子氏  ノンフィ…

続き

中国語教育が及ぶアフリカ

評論家 太田 正利 南アで影響力が急拡大 日本は信頼の蓄積を生かせ  アフリカにおいて、20世紀後半には、欧州…

続き

「中国は簡単に崩壊しない」

世日クラブ ノンフィクション作家 河添恵子氏が講演  世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良・近藤プ…

続き

習近平中国主席の軍事改革

拓殖大学名誉教授 茅原 郁生 抜本的に踏み込めるか 脅威に即応して戦う態勢に  中国共産党の中央軍事委員会改革…

続き

謀略国家中国の本質 群雄争覇の兵法を踏襲

騙され続けたアメリカ  中国の歴史書『三国志』は日本でも人気の古典だが、その中にこんな話が記されている。  呉…

続き

米中首脳会談、中国を増長させる発言避けよ

 同時多発テロ後の厳戒下にあるパリで、2020年以降の地球温暖化対策の新たな枠組みを決める国連気候変動枠組み条…

続き