ハマス掃討へ―試練のイスラエル

【連載】ハマス掃討へ―試練のイスラエル(4) テロ組織残せば続く災難 停戦世論の陥穽

テロ組織ハマスの撲滅を掲げるハマスのリーダーの息子は、10月7日の奇襲攻撃の際のハマスの残虐行為には驚かなかったが、その攻撃の規模には驚いたと語った。多くの国がイスラエルが誇るインテリジェンスの機能、情報分析力を削(そ)がれた現実に驚愕(きょうがく)しただろう。台湾当局筋によると、自国のインテリジェンス強化についての見直しを余儀なくされているという。

【連載】ハマス掃討へ―試練のイスラエル(3) SNS虚偽情報 激化する戦時プロパガンダ

10月7日以降のパレスチナ自治区ガザ地区を武装勢力で実効支配し、主な拠点とするテロ組織ハマスからの前代未聞の襲撃を受けたイスラエルの動向について、政治議論を急速に混乱させている。それが政治家たちによって特定の議題や問題を推進する目的で、どのように利用されているのか。

【連載】ハマス掃討へ―試練のイスラエル(2) 鉄の剣作戦 巨大な地下要塞が主戦場

テロ組織ハマスは10月7日に空と地上からイスラエルを奇襲攻撃し、1400人以上のイスラエル人を殺害、220人以上を人質に取った。イスラエルは反撃を開始し、軍事作戦に「鉄の剣作戦」と命名した。この作戦の核心は、戦略的現実を変えること、 ハマスとその他のテロ組織を壊滅すること、目標達成には地上作戦が必要であること、決定的な勝利が得られるまで戦争は終わらないという確固としたものだ。

【連載】ハマス掃討へ―試練のイスラエル(1) テロ組織ハマス 慈善と軍事のネットワーク

イスラエルをイスラム組織ハマスが奇襲して以来、中東および国際情勢は大きく揺さぶられている。ハマスとは何か、建国以来の危機に立つイスラエルはどう立ち向かうのか論考する。

他のオススメ記事