世界日報 Web版

[タリバン] rss

アフガン撤退はバイデン大統領の英断

エルドリッヂ研究所代表 政治学博士 ロバート・D・エルドリッヂ 法的根拠なかった「戦争」 出口戦略なき「介入」に終止符  筆者ほどバイデン米大統領を批判する人はいないだろう。ただ、アフガニスタンへの介入を終焉(しゅうえん…

続き

タリバン、共学禁止など女子大学生の新規則発表

「ヒジャブ」着用義務付け、男性教員の直接指導は禁止  アフガニスタンで暫定政権を始動したイスラム主義組織タリバンは12日、女性が大学で教育を受ける際の規制を発表した。男女共学は認めないほか、頭部を覆うスカーフ「ヒジャブ」…

続き

「帝国の墓場」アフガニスタン

拓殖大学名誉教授 茅原 郁生 中国が収拾に汗を流す番 報復阻止と国際テロの抑制を  新冷戦といわれる時代の米中角逐は、バイデン米大統領により、同盟国を巻き込んだ対立の構造となってきた。現に中国もワクチン外交を展開しながら…

続き

協力者を置き去りに、アフガン大失態の衝撃

 イスラム主義組織タリバンが実権を掌握したアフガニスタンから、日本政府が退避対象としていたアフガン人2家族10人が自力で陸路、隣国パキスタンに退避したという。12日夜にまず国際協力機構(JICA)職員とその家族4人が民間…

続き

マララさん「アフガニスタンの女子教育保護を」

マララさん「アフガニスタンの女子教育保護を」

国連で国際社会に訴え、「女子教育は平和と安定に必要」  ノーベル平和賞受賞者の女性人権活動家マララ・ユスフザイさんは9日、イスラム主義組織タリバンが実権を掌握したアフガニスタンで女性抑圧への懸念が高まっていることを受け、…

続き

タリバン、米同時テロ20年で復活アピールか

きょう政権の発足式、発表された閣僚に女性は含まれず  アフガニスタンで実権を掌握したイスラム主義組織タリバンの系列メディアは10日、「(暫定)政権の発足式を11日に行う」とツイッターで明らかにした。タリバンが7日に発表し…

続き

アフガン難民の逃避行、スマホで記録し映画に

「ミッドナイト・トラベラー」、9月11日より順次公開  アフガニスタンの映像作家、ハッサン・ファジリは、2015年にタリバンから死刑宣告を受ける。制作したドキュメンタリー映画がタリバンの怒りを買い、出演した男性が殺害され…

続き

アフガンのレアアース 中国食指、獲得優位に

ワシントンタイムズ 米国苦境から対中依存懸念  米国がアフガニスタンから撤収し、タリバンが支配を固める一方で、中国は、アフガンのレアアース(希土類)獲得で有利な立場に立っている。米バイデン政権は経済・気候変動対策で、発電…

続き

タリバンの「後ろ盾」、反パキスタンデモ発生

タリバンの「後ろ盾」、反パキスタンデモ発生

アフガン・カブールで、タリバンのさまざまな規制に反発  アフガニスタンの首都カブールなどで7日、全権を掌握したイスラム主義組織タリバンと関係の深い隣国パキスタンに抗議するデモが広がった。パキスタンがタリバンに肩入れし、反…

続き

アフガン輸送作戦と米韓同盟

高永喆の半島安保NOW  8月末、アフガニスタン駐留米軍の撤退が終了した。  米国にとってアフガンは死活的な国益(vital national interest)を左右する同盟国ではないので、泥沼から足を抜いたわけだ。 …

続き

祝砲で17人死亡 アフガン首都

 アフガニスタンの首都カブールで3日、イスラム主義組織タリバンによる北東部パンジシール州の制圧を祝った祝砲で、少なくとも17人が死亡し、41人が負傷した。アフガニスタンの民放トロニュースが4日、病院関係者の話として報じた…

続き

アフガン、タリバン新政権トップにバラダル師か

アフガン、タリバン新政権トップにバラダル師か

民主政権の有力者や少数派、女性の閣僚入りを否定  ロイター通信は3日、アフガニスタンで国家運営の全権を掌握したイスラム主義組織タリバンの新政権について、「(副官の一人で政治部門の責任者である)バラダル師が主導することにな…

続き

アフガン救出、日本の活動は完全な失敗

 アフガニスタンでガニ政権が自壊し、イスラム主義組織タリバンの支配が復活した。この混乱に際し、脱出を希望する人々を国外に退避させるため、各国は輸送機を首都カブールの国際空港に派遣。8月末の米軍撤収までに、米国の約11万人…

続き

日本対外文化協会理事 中澤 孝之氏

実利的な露の対アフガン政策

日本対外文化協会理事 中澤 孝之 タリバンとの対話を継続 中央アジアでの権益維持重視  バイデン米大統領の公約に従った米軍部隊の撤退が進行中のアフガニスタンで、イスラム主義武装勢力タリバンが電光石火のごとく政権を掌握し、…

続き

アフガニスタンのガニ大統領、去就が焦点に

ガニ流脱国は最悪、世界の権力者の亡命事情

山田寛の国際レーダー  アフガニスタンでは、脱出を望む群衆があふれるカブール空港の入り口で大自爆テロが起きるなど、大混乱が続く。自分だけ先に脱出、亡命したガニ大統領の行動は最悪だとの思いが募る。 ガニ氏はタリバンが首都に…

続き

米軍撤退完了「最長戦」に幕 アフガン

 タリバン「完全な独立」宣言  バイデン米大統領は30日、声明でアフガニスタンからの軍の撤収が完了したと発表し、2001年から続いた「米史上最長の戦争」とも言われるアフガン戦争の終結を宣言した。一方、イスラム主義組織タリ…

続き

マクロン氏 カブールに「安全区域」を

英仏、安保理緊急会合で提起へ  フランスは27日、アフガニスタンからの避難作戦を中止した一方、マクロン仏大統領は30日に開催予定の国連の緊急安全保障理事会(5カ国)で、アフガニスタンの首都カブールに人道的支援活動の継続を…

続き

独仏など退避終了宣言、救出に伴う安全確保困難に

 フランスやドイツなどヨーロッパ各国では26日以降、アフガニスタンからの退避作戦の終了が発表されている。ルドリアン仏外相とパルリ仏国防相は27日、「カブール空港の保安を担当する米軍の急速な離脱が短期的に確認され、空港の保…

続き

アフガン自爆テロ、米軍撤収は間違っている

 アフガニスタンの首都カブールの空港周辺で複数の爆発があり、米兵13人、アフガン人60人以上が死亡した。過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行を認めたという。  無辜の人たちを標的にしたテロが許されないのはもちろんだが、…

続き

米大統領 期限通りアフガン撤退

延長ならテロのリスク  バイデン米大統領は24日、ホワイトハウスで演説し、今月31日までとしていたアフガニスタンからの米軍撤退期限について、延長しない方針を明らかにした。  バイデン氏は、アフガンからの米国人や通訳などの…

続き

アフガン首都陥落、新体制に向け会合続く

 アフガニスタンの首都カブールが15日にイスラム主義組織タリバンに占拠された。全権を掌握したタリバンの幹部は、新体制樹立に向けてアフガンの政治指導者らとの会合を続けている。一方で、抵抗運動も始まっている。アフガン国旗を掲…

続き

アフガン首都、空港の壁越しに「赤ん坊救出」

アフガン人1人拘束、タリバンと関係の疑い 仏

 【パリ安倍雅信】フランスのダルマナン仏内相は24日朝、不安定化したアフガニスタンから救出のためにフランスに移送した約1000人のアフガン人の中で、「問題のある人物1人の身柄を23日に拘束した」と発表した。  危険人物と…

続き

米中対立と「帝国の墓場」

高永喆の半島安保NOW  諺(ことわざ)に「捨小就大」という名言がある。「より大きなものを獲(と)るため、小さなものを捨てる」という処世術でもあり、外交の基本ともなる。  今月15日、アフガニスタンの首都カブールがイスラ…

続き