世界日報 Web版


2021年10月24・31日(日)

Owl Image
金正恩統治10年-専門家に聞く
ハ・ユル氏

ハ・ユル 1994年、北朝鮮咸興(咸鏡南道)生まれ。幼い頃に父が病死。学生時代、母が先に脱北し韓国に。19年に兄と共に脱北し、中国、東南アジア経由で同年11月に韓国入り。ハ・ユルは仮名。

 2011年12月17日に北朝鮮の金正日総書記が死去し、三男・金正恩氏が最高指導者の地位を後継してから間もなく10年となる。大方の予想を覆し、正恩氏は国内外の難題を乗り切って独裁体制を維持し、中長期的な統治も可能とする見方さえ出始めている。
 北朝鮮えは金正恩は「オーナー」であり、「金日成教」の教祖であって、若輩でも政治的正当性が認められている。対抗勢力の出現を抑え、恐怖政治で党・軍・政府を掌握いているのだ。

≫世襲維持 叔父処刑が転換点
韓国野党「国民の力」議員 太永浩氏 
生活向上への期待しぼむ-2019年脱北…韓国入国 ハ・ユル氏
≫長寿の家系、専門研究所も
 韓国高麗大学統一外交学部教授 南成旭氏
≫北朝鮮から韓国に「反日指令」
 日韓懸案の解決を妨害
パトリオットTV/上田勇実・ソウル特派員 に聞く
   

首長は挑む

▼防災·減災に市民力発揮
 長野県上田市市長 土屋陽一氏

オピニオン

▼メディアウォッチ
【新聞】 安倍氏を「悪代官」/「何でもよいから反自民」報道を行う朝毎

▼ここが変だよ 日本共産党
 社会主義・共産主義社会
 肝心な「社会秩序の暴力的転覆」を語らない 

文化

▼宮城で頑張ってます!
 木の成長を見守りたい

コミュニティー

▼いのちの言葉
 父母の愛で怨讐を愛した 孫良源牧師
 犯人を赦し、我が子とする
▼令和時代の家族のかたち
 単身赴任廃止を決めたNTT
▼親子で学ぶニュースQ&A
 野党ってなんで共闘するの?

ファミリー

▼若者の地元定着促進奮闘
 ベンチャー企業が協定結び一役 山形県
 
▼カウンセラー向井敬二の相談室
 ADHDの特徴と対処法は?

教 育

▼社会福祉の現場から
 他人だから耳を傾けることも 
 お囃子会が〝拠り所〞に

生 活

▼2021年11 月の運勢表
 (11 月 7 日~ 12 月 6 日)己亥五黄土星

ひ と

▼歌手 美月はるかさん
巡り合いから道が拓く