世界日報 Web版


2021年7月25日(日)

Owl Image
地球に優しい水素社会へ/世界をリードする日本の研究開発

24時間耐久レースに参戦した水素エンジン搭載のカローラスポーツ(写真手前) =23日午前、静岡県小山町の富士スピードウェイ

 超大型台風や記録的猛暑など、世界的な異常気象が多くなった現代。その原因とも言われる温暖化への対策として、温室効果ガスの削減が叫ばれる中、クリーンエネルギーの一つに挙げられているのが「水素」だ。二酸化炭素(CO2)を排出せず、電力や産業などの分野で低炭素・脱炭素に役立つことが期待されている。

 日本は早くから、トヨタ自動車が水素自動車開発に着手するなど、水素エネルギーや燃料電池(水素と酸素の化学反応で電力と熱を発生させる装置)の研究・技術開発に取り組み、エネファーム(家庭用燃料電池)や水素をエネルギーとした製品が実用化へと向かっている。

≫水素と社会生活の関係を楽しく学ぶ
 安全性の認知が必要不可欠
≫水素で動くエコカー
 脱炭素の選択肢をアピール
≫世界最大級の水素研究拠点
 実用化を目指し進む研究

特報

▼タリバン、国土の7割支配か
 アフガン駐留米軍 9割撤収完了

オピニオン

▼メディアウォッチ
【経済誌】 経済安保を踏まえた戦略を訴える東洋経済
 
▼ここが変だよ 日本共産党
 田村政策委員長発言/「共産党は全体主義とは無縁」は欺瞞
 

文化

▼札幌で頑張ってます!
札幌ファミリークリニック 理事長 鈴木 重裕さん

コミュニティー

▼いのちの言葉
 自叙伝書写は真の愛の接種
▼令和時代の家族のかたち
 人口減の日本に希望はあるか
▼親子で学ぶ ニュースQ&A
 英国のスポーツ観戦はなぜできたの?

ファミリー

▼困窮家庭に食料や日用品を配達
 「女性を元気にする会」代表ゴージャス理枝さん
「沖縄命の電話」が活動支援、寄付金贈呈/沖縄県
▼カウンセラー向井敬二の相談室
 Q.心配性の息子

教 育

 

▼社会福祉の現場から
 「あのまま、あの家にいたら、もっとダメになる」/やむを得ない「家族の解体」

生 活

▼2021年8月の運勢表
 (8 月 7 日~ 9 月 6 日)丙申八白土星
 

ひ と

▼映画監督 小中和哉さん
 35年前の自分との対話