世界日報 Web版

変わる「丘の上の町」 米国民の2割が無宗教


131013-1

 2012年の米大統領選は、候補者の「信仰」をめぐり過去に例のない選挙 だった。共和党のミット・ロムニー候補はモルモン教徒。副大統領候補は民主・共和両党ともカトリック。プロテスタントはオバマ大統領だけだった。

 そのオバマ氏もキリスト教の信仰を持ったのは成人になってからだ。同氏の母親は、神の存在を認識するのは不可能と考える不可知論者だったとされる。元タイム誌記者で大学教授のデービッド・エイクマン氏は、「正副両大統領候補がいずれもプロテスタントとして育てられなかった米史上初めての大統領選だった」と指摘する。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ