世界日報 Web版

建国の父たちの宗教観 道徳・秩序の基盤と認識


131002

 米国の建国の父たちは、全員が敬虔なキリスト教徒だったわけではない。元タイム誌記者で大学教授のデービッド・エイクマン氏によると、彼らの宗教観は幅広く、献身的な福音派キリスト教徒から、神は最初に自然法則を定めただけで人格的存在ではないとする理神論者までいた。

 1776年に採択された独立宣言には「全ての人は平等につくられ、創造主によって生命、自由、幸福の追求を含む不可侵の権利を与えられている」と明記された。「創造主(クリエーター)」という宗教色がやや薄められた表現が使われたのは、建国の父たちの幅広い宗教観を網羅する必要があったからだという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ