世界日報 Web版

法的保護求める保守派 自由守る兵士の自由守れ


500

 「自由を守るために命を危険にさらす兵士たちの権利を守るために、我々はあらゆることをしなければならない」

 7月上旬、オバマ政権下で脅かされる米兵の信教の自由を守るために、14の保守派団体が連合体を結成したことを受け、ワシントンの連邦議会前で記者会見した。退役陸軍中将のジェリー・ボイキン家庭調査協議会副会長は、政府方針に反対できない現場兵士たちに代わり、保守派が結束して自由の擁護者である兵士の自由を擁護しなければならないと訴えた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ