世界日報 Web版

空軍を世俗化する活動家 布教は精神的レイプ?


500

 オバマ政権下で宗教的要素の排除が進む米軍の中でも、特にその傾向が顕著なのが空軍だ。それは、ある一人のリベラル派活動家の影響といっても過言ではない。その活動家とは「軍宗教自由財団」という団体の会長を務めるマイケル・ワインスティーン氏だ。

 ワインスティーン氏は2005年に同財団を設立して以降、法廷闘争を含めさまざまな手段を駆使し、特に空軍に対して宗教的要素を排除するよう働き掛けてきた。なぜ空軍なのかと言えば、自身が空軍士官学校の卒業生で、空軍に10年間勤務した経験から幅広い人脈を持つためだ。2人の息子も同士官学校を卒業している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ