世界日報 Web版

法廷で戦う企業経営者 避妊費拒否なら巨額の罰金


500

 オバマ米政権が打ち出した避妊薬の無料化政策により、信仰に反して職員の避妊費用負担を強いられるのは、病院や大学、慈善団体など宗教組織が運営する非営利団体だけではない。営利企業の経営者もそうだ。30社以上が信教の自由を守るためにオバマ政権を相手に訴訟を起こしている。

 手工芸用品チェーン「ホビー・ロビー」を経営するデービッド・グリーン氏(71)もその中の一人。1970年にオクラホマ州の自宅ガレージで立ち上げたビジネスを、全米に500店以上を構える規模にまで成長させた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ