世界日報 Web版

「自由が当然の時代は終焉」 同性婚反対の大物牧師に“報復”


500

 オバマ大統領は米史上最も宗教に不寛容な大統領だ――。宗教界はオバマ政権の下で信教の自由がかつてないほど脅かされていると危機感を募らせている。信教の自由を建国の理念とする米国で一体何が起きているのか。激化するオバマ政権と宗教界の摩擦を報告する。
(ワシントン・早川俊行)

 ノースカロライナ州シャーロット。米国で最も著名なキリスト教牧師で、歴代大統領に大きな影響を与えてきたビリー・グラハム師(94)が会長を務める「ビリー・グラハム福音協会」の本部に、内国歳入庁(IRS)の職員がやって来たのは昨年10月29日のことだった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ