世界日報 Web版

朝鮮戦争の実態 日本共産党も武力で“参戦”


300-1

共産主義者に健全な安保観を

沖縄県元副知事 牧野浩隆氏(下)

 ――ソ連、中国、北朝鮮という共産主義勢力による朝鮮戦争勃発を契機に、沖縄の基地が米軍の戦略基地として位置付けられた。当時の日本を取り巻く共産主義勢力の動向はどういうものだったか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ