世界日報 Web版

中国が韓国誘う「歴史共闘」


500

 この夏、韓国で大ヒットした映画「暗殺」は、韓半島が日本の植民地統治下にあった1933年、上海と京城(ソウル)を舞台に「親日派」暗殺計画のため集まった独立軍と臨時政府の要員らの物語をアクション風に描いた作品だ。

 光復節(植民地から解放された日)70年に当たる先月15日、ソウル繁華街の明洞にある映画館は夜遅くまで大勢の人でにぎわっていた。ちょうどこの日、「暗殺」の観客動員が1000万人を突破したという。今年の興業成績トップだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ