世界日報 Web版

大学時代の知人の証言 「マルクス主義を百パーセント信奉」


800

 オバマ米大統領は1979年、故郷ハワイを離れ、リベラルアーツ・カレッジの名門校であるロサンゼルスのオクシデンタル大学に入学する。

 当時、オバマ氏がどのような学生だったのか、ほとんど知られていない。だが、2010年、大学時代のオバマ氏の政治観、世界観について貴重な証言をする人物が現れた。元ウィリアムズ大学助教授のジョン・ドリュー氏だ。

 オバマ氏に4回会ったことがあるというドリュー氏は、こう断言する。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ