世界日報 Web版

日韓国際結婚 2世に託す両国の懸け橋


600

 あのな、私の働いている工場でよ/おばさんたちがうるさいのよ/「なんで韓国からこんな山奥にヨメきたの?」って/「運命だよ」って答えんのよ/そしたら、工場のおばさんたちがよ、態度ころって変わってよ/「韓国にテレビはあるの?」とか「冷蔵庫は?」なんて聞く人もいるんだよ/「○○さんすごいな」だって/「ソウルはここよりずっと大きな都会だよ」って言ってやるんだ、そんな時は/それから、少し私によくなったの……

 これは山形県最上郡戸沢村(とざわむら)の斡旋でお嫁に来た韓国人女性が、来日後に通った地元の日本語教室で作った詩の一編だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ