世界日報 Web版

新ビジネスモデル 第三国で共同の「国造り」


800

 「両国国民同士の交流への意欲が本当に冷え切っているとは私には思えない」

 昨年11月、都内で開かれた日韓間の観光促進を話し合うシンポジウムで、経団連の大塚陸毅副会長はこう述べた。

 日韓関係の悪化を受けて広がる日本人の「嫌韓感情」や円安のあおりで、日本人の韓国訪問客数はこのところ減少傾向が続いている。昨年1年間で270万人を突破し、過去最多を記録したとみられる韓国人の日本訪問客数とは対照的だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ