世界日報 Web版

堅調な経済協力 対韓投資で「水平関係」


600

 近年の日韓関係が政治でぎくしゃくした状態が続いている一方で、比較的堅調な関係を維持しているのが経済だ。財務省によると、韓国の李明博前大統領が竹島(韓国名・独島)を突如訪問したり、天皇陛下に事実上の謝罪を求める発言をした2012年、日韓間の貿易総額は8兆1500億円を記録し、04年以降の10年間で年度別規模は5番目だった。「反日」のイメージが日本側で広がっている朴槿恵大統領が就任した翌13年は、5年ぶりに9兆円台を回復している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ