世界日報 Web版

フィリピン アキノ大統領の警告


400

 中国の平和的台頭がフィクションでしかなかったことは、誰もが知るところとなっている。

 今月初旬、アキノ比大統領はニューヨーク・タイムズからインタビューを受け、中国を「第2次世界大戦前のヒトラー」として強く批判した。アキノ大統領が言いたかったのは、チェコ・ズデーテン地方のドイツ併合を世界が許容したことで、ヒトラーの冒険主義を引き出すことになった歴史の教訓だった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ