世界日報 Web版

ミャンマー・シャン州 辺境が戦略的要衝の地に


400

 マルコ・ポーロは「東方見聞録」の中にビルマを「人も居住も見当たらず、多くの象と一角獣のいる国」と記している。ユニコーンを彷彿(ほうふつ)させる一角獣は、モヘンジョダロで発見された印章にも彫られており、南アジア一帯で生息したアジア・サイと考えられる。

 ともあれマルコ・ポーロは、雲南の大理まで行きながら陸路でのビルマ越えを避けた。それほどビルマは世界から隔絶された地域だった。

 わけても、ビルマ北部のシャン州は、長らく外来の人々が足を踏み入れることを拒んだ歴史がある。マラリアや通行不能なジャングル、さらに首狩り族などが障壁として立ちはだかったからだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ