世界日報 Web版

日米、ASEAN、印の連携強化を


500

 アジア情勢は乱気流を伴った今年の春の天候に似ている。インドの新聞各紙は、中国ネタで持ちきりだ。3月には「中国がモルディブ・マラオ島で潜水艦基地建設か」とのニュースが流れた。

 4月には「(インドと中国が領有権を争う国境地域に近い)インド北部カシミール地方ラダック東部に、中国軍が侵入した」とインド各紙は一斉に報じた。インド有力紙タイムズ・オブ・インディアによると、4月15日夜、中国軍の兵士約50人が、両国の実効支配線からインド側に約10キロ入った場所に侵入、テント型の標識を設置したという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ