世界日報 Web版

ミャンマー横断のパイプライン 中国、来月にも完成へ


400

エネルギーと安保で一石二鳥

上海協力機構を軸に中央アジアの取り込みを図る中国は、インド洋でも米印海軍を相手に虎視眈々と戦略的動きを加速させている。中央アジアは19世紀にロシアと英国がグレートゲームを演じた場だが、21世紀においても中露米印が絡んだ新グレートゲームが展開されている。さらに中央アジアだけでなくインド洋や他の海洋でも、中国は囲碁に似た布石を打ち始めている。
(池永達夫、写真も)

 15年ぶりのミャンマー最大の都市ヤンゴンは目を見張るほどに変わっていた。市内は車の量が半端ではなく、交通ラッシュで身動きが取れないほどだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ